お知らせ

お知らせ

 

(12/21)レクチャーコンサート「2台のアコーディオンによる音楽世界旅行」

 アコーディオンは、ヴァイオリンと並び、欧米各地の大衆音楽・地方音楽・民族音楽を代表する楽器です。場所を選ばないため、冠婚葬祭から日常のパーティまであらゆる場面で活躍し、その独特の音色とともに世界中の人々に親しまれています。

 「アコーディオン」の一般的名称で括られる蛇腹楽器には実は多くの種類があり、演奏方法も音楽形式も多様です。レクチャーコンサートでは、さまざまな蛇腹楽器と地方文化との関係を紹介し、鍵盤式アコーディオン(藤野由佳)とボタン式クロマティック・アコーディオン(安西創)の演奏を聴きます。2台のアコーディオンで奏でられる世界各地の音楽を生演奏の迫力でお楽しみください。

■日時 2012年12月21日(金) 18:30〜20:30(途中休憩あり)

■場所 町田市文化施設和光大学ポプリホール鶴川

■受講料 500円(当日持参)

■お申込み方法
TEL、FAX・Eメール( 「レクチャーコンサート2012」と明記し、1.氏名(フリガナ) 2.郵便番号・住所 3.電話番号を必ずご記入ください) のいずれかで、12月14日(金)までに和光大学企画広報係までお申込みください。

■出演

□藤野 由佳
フランスミュゼット音楽、イタリア系、アイリッシュ系のヨーロッパ音楽、スタンダード演奏や日本のポピュラーソングの歌伴奏などで幅広く活動している。様々なアーティストのコンサートや録音にも参加。2008年ソロアルバムリリース。その他セッションアルバム多数。2011年3月までテーマパークのレギュラーバンドで通年出演。ヤマノミュージックサロンで後進の育成にも努める。

□安西 創
日本におけるボタンアコーディオンのパイオニア、故金子万久氏に師事。パリではダニエル・ポーリー女史のレッスンを受ける。シャンソン、ミュゼット(パリ下町発祥のアコーディオン伴奏のダンス音楽)を得意とし、ソロ演奏、歌の伴奏のほか有名テーマパークなどでも活動。2004年より東京都公認大道芸「ヘブンアーティスト」ライセンス保持者。パフォーマーとのコラボレーションも多い。

■司会 中田 崇(表現学部総合文化学科准教授)

チラシはこちらから PDFファイル (1,455KB)

お申込み・お問い合わせ

和光大学 企画広報係
TEL:044-988-1433
FAX:044-988-1594
E-mail:open@wako.ac.jp

このページの先頭へ