お知らせ

お知らせ

 

後期オンライン授業の開始にあたって

2020年9月17日

学生の皆さんへ

教学支援ディレクター


  本学では、コロナウィルス感染症対策として、前期より一部の対面授業を除き、主にオンライン授業を実施してきました。前期に実施したオンライン環境調査や、授業アンケートによると、慣れないオンライン授業への対応に皆さんも相当苦労をされたようです。そこで後期オンライン授業を開始するにあたり、大学として以下の点に留意して、オンライン授業の教授法の改善に努めていきます。


1.課題の調整について
 課題の分量や内容を調整する。例えば、考える課題は複数回に1回としてそれ以外の回は理解度を確認する設問とする、課題の字数制限を緩和する、課題の提出期限に余裕を持たせるなど。   

2.資料配信型授業の工夫について
 資料配信型授業は補助的に解説動画を提供したり、Zoom等で質疑応答の時間を設けたりするなど、理解を深めるよう工夫をする。

3.学生へのレスポンスについて
 提出した課題に対するレスポンスをしっかり行う。受講者数の多い授業では、毎週、一人ひとりにレスポンスをするということは現実的に不可能であるが、課題提出期間後に模範解答を提示する、全員の提出物に対する包括的なコメントを全体に示す、数週間分の提出物に対する包括的なコメントを当該学生に示すなど。  


以上


このページの先頭へ