お知らせ

お知らせ

 

(6/21) オープン・カレッジぱいでいあ Open Concert「ヴァイオリンとヴィオラ/弦楽二重奏を聴く」開催のお知らせ

今回のオープン・コンサートは、室内楽の原点ともいえる「デュエット」にスポットをあて、弦楽二重奏の美しい響を堪能して頂きます。ヴァイオリンとヴィオラのオリジナルの二重奏は、作品数こそ多くありませんが、モーツァルトのK.423をはじめ「通好み」の傑作揃いです。
初夏の午後、二つの弦楽器が奏でる「音による親密な会話」をお楽しみ下さい。

中川 つよし



■日時:6月21日(金) 開演 13:00(開場 12:50)
■会場:和光大学 E-101教室

★入場無料★ どなたでもご入場できますが、未就学児童の方はご遠慮下さい

■出演:
宮澤 さやか/ヴァイオリン
増田 直子/ヴィオラ
■司会・解説:中川 つよし(和光大学非常勤講師、ぱいでいあ講師)

宮澤 さやか
ヴァイオリン
さいたま市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業。同大学研究科修了。在学中に仏・フレーヌ音楽祭、ニース国際アカデミーなど国内外の音楽祭に参加。2004年、2005年、彩の国アーティストとして弦楽四重奏でNHKラジオ、テレビに出演。 故久保田良作、久保良治、オリヴィエ・シャルリエ各氏に師事。現在、室内楽などの公演を定期的に行う他、オーケストラ、テレビ、CM音楽などのレコーディング、また学校公演などのアウトリーチ活動も積極的に行っている。
増田 直子
ヴィオラ
3歳よりヴァイオリンを始め、桐朋女子高等学校を経て 桐朋学園大学を卒業。ヴァイオリンを石井 志都子、徳永 二男の各氏に師事。在学中より室内楽やオーケストラ、海外のマスタークラスからの招待等でヴィオラを学び、その魅力に取りつかれて卒業後に転向。店村 眞積氏に師事。桐朋学園嘱託演奏員や草津音楽祭、秋吉台音楽祭、宮崎国際音楽祭、アジアフィル等 各地の音楽祭に出演。また 客演首席、オーケストラ、室内楽、NHK-BS、NHK-FMにも出演。小中学校へのアウトリーチ活動もしている。クラシック音楽のみならず、スタジオミュージシャンとしてコンサート、映画、TV、ドラマ、CM等のレコーディングにも参加。

〔 演奏曲目 〕
♪ W.A.モーツァルト(1756-1791):ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K.423
♪ J.シベリウス(1865-1957):ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 
♪ J.ハルヴォルセン(1864-1935):サラバンド

・・・そのほか


★当日はスクールバス(無料)をご利用いただけます。ご利用の際は「Open Concert」にお越しの旨をお伝えください。


Open Concert「ヴァイオリンとヴィオラ/弦楽二重奏を聴く」チラシ 画像
↑こちらの画像をクリックするとチラシ[PDF/2,029KB]をご覧いただけます 


お問い合わせ

企画係 大学開放フォーラム(A棟1F)

TEL:044-988-1433
FAX:044-988-1594
E-Mail:open@wako.ac.jp

このページの先頭へ