お知らせ

お知らせ

 

(6/14・6/21・6/28)和光大学・町田市生涯学習センター共催講座「死にいかに向かい合うかユーラシアの民族伝承から考える」を開催します

人生には楽しみも苦しみもつきものです。楽しいことについてはあまり考えずに楽しめばよいのですが、死は避けられません。なぜ人は死ぬのか、いかにして死から逃れることができるかについて多くのことが考えられ、語られてきました。
本講座では、神話、宗教聖典、叙事詩、民間伝承など古くから人々が伝えてきた物語の中から、死がどのように語られてきたのかを二人の講師がそれぞれの専門領域から紹介し、最後の回には講師二人による対談の形でユーラシア大陸を横断する壮大なテーマとして展開しながら、死についてどのように語り継がれてきたのか、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。




和光大学・町田市生涯学習センター共催講座
「死にいかに向かい合うかユーラシアの民族伝承から考える」

■開催日時:2019年6月14日(金)、6月21日(金)、6月28日(金)全3回

■会場:町田市生涯学習センター 6階 視聴覚室
    町田市原町田6-8-1町田センタービル(レミィ町田のあるビル)

■定員:30人(先着順・参加費無料)

<講座内容>

第1回 6月14日(金)叙事詩と民間伝承が語る死と不死    坂井 弘紀 (表現学部教授)  
第2回6月21日(金)
神話と宗教聖典が語る死と不死松村 一男 (表現学部教授)
第3回6月28日(金)
ユーラシアを横断するテーマとしての死と不死
松村 一男 (表現学部教授)
坂井 弘紀 (表現学部教授)


(★画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。)

【お問い合わせ・お申込み】
町田市生涯学習センター 事業係
TEL:042-728-0071

このページの先頭へ