お知らせ

お知らせ

 

(12/20) 総合文化学科・上野俊哉ゼミと身体環境共生学科・制野ゼミを合同で開催します

2018年12月20日(木)に、今福龍太さんをお招きして、総合文化学科・上野俊哉ゼミと身体環境共生学科・制野ゼミを合同で開催します。

上野俊哉先生から案内が届きました。関心のある方は、是非ご参加ください。



総合文化学科・上野俊哉ゼミ
身体環境共生学科・制野ゼミ 合同開催

 来る12月20日、今福龍太さんを招き、上野&制野ゼミが合同で実施されます。

 東京外国語大学教授で、奄美自由大学を主宰する文化人類学者、批評家、詩人・・・である今福龍太さんが和光大学にやってきます。

 合同ゼミのテーマは「あそびとまなび」「からだと映像」「共生と陶酔」・・・など、きっと多岐にわたると思われます。専門性という規律(しつけ)にしばられた知性を、もう一度、身体や映像との交錯を通してときほぐし、人間以外の野生やテクノロジーと共生しうる文化や社会に向かう試みや問いを即興的に開いていこう、というのが、ホストである2名の狙いです。

 教室はJ201で、まずは3限(13:00〜14:30)から総合文化学科の「思想と表現」の教室で、合同ゼミははじまります。その後、同じ教室で共通教養の「映像表現の地平」(14:40〜16:10)の時間も使います。
 最後は5限(16:20〜17:50)、G205で行ないます。人数が多い場合は移動します。

 当日は今福さんの映像、「水の憲法」や「私は難破者である」などをはじめ、いくつかの映像を見ながら、スポーツ(フットボール)する身体、映像人類学の地平、遊戯の社会学・・・などを対話形式でねりあげていきます。

 どなたでも出入り自由で参加できる合同ゼミですので、ぜひご参加ください。


上野俊哉・制野俊弘



このページの先頭へ