お知らせ

お知らせ

 

(10/22) 地域連携研究センター主催 公開シンポジウム「共に遊び 共に生きる ~地域と大学の連携による実践から考える~」を開催します

10月22日(日)に、地域連携研究センター主催 公開シンポジウム「共に遊び 共に生きる 〜地域と大学の連携による実践から考える〜」を開催します。

みなさま、是非お越しください。



公開シンポジウム
共に遊び 共に生きる 〜地域と大学の連携による実践から考える〜


(★詳細はこちらのチラシでもご覧いただけます。画像をクリックするとPDFが開きます。)


年齢・性別・障害・文化など様々な違いのある人々が共に生き育み合う地域社会の実現に向けて、「共に遊ぶ」活動にはどんな意義があるのでしょうか・・・?和光大学と地域の連携で展開してきた遊び活動の実践報告をもとに、「地域共生社会」の未来について考えてみたいと思います。

大橋 さつき(現代人間学部身体環境共生学科 准教授)


■日時:2017年10月22日(日)13:30〜17:00(受付13:00〜)
   
■会場:和光大学 E棟コンベンションホール(キャンパスマップはこちら
 〒195-8585東京都町田市金井町2160 
 小田急線鶴川駅より徒歩約15分
  ⇒大学までのアクセスはこちらをご覧ください。

※参加費無料、予約優先


【第1部 報告&ワークショップ】
                             
◆報告1◆ 共生・共創をめざした舞台づくり ―「心音プロジェクト」の実践― 
・・・「心音2016」学生プロジェクトチーム 

◆報告2◆ 共生社会の実現に向けた地域の多世代交流 ―保育・子育て支援の現場における世代を超えた交流づくり―
・・・川崎市麻生区役所 地域みまもり支援センター 保育所等・地域連携 及び 川崎市麻生区公立保育所

◆ワークショップ◆ クリエイティブムーブメントプログラム 季節をめぐる旅に出発! ―参加者のみなさんと共に―
・・・リーダー:惠濃 志保(NPO法人CMDゆうゆう代表)


【第2部 パネルディスカッション】
◆討論会◆ 異なるもの同士が共に遊ぶことの意義
・・・司会:大橋 さつき(身体環境共生学科 准教授)
・・・パネリスト:最首 悟(和光大学名誉教授)、野中 浩一(身体環境共生学科 教授) 他


■お問い合わせ・お申込み
 和光大学大橋研究室 asobi@wako.ac.jp
  タイトル:「シンポジウム申込」、本文:「参加者の氏名(所属)」を明記の上、メールでお申込みください。

このページの先頭へ