お知らせ

お知らせ

 

(7/14) 芸術学科「イメージ・視覚表現研究ゼミ」で特別公開授業を開催します

7月14日(木)に、芸術学科非常勤講師・新井卓先生の担当授業「イメージ・視覚表現研究ゼミ」内にて、音楽家・笹久保伸氏を特別講師としてお招きして、特別公開授業を開催します。
<秩父前衛派>を率いて近年目覚ましい活躍をつづける音楽家・笹久保伸氏のギター演奏とともに、一つのジャンルに留まらない活動の一端を紹介します。

この日の授業は公開授業です。どなたでも参加することが出来ます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

-----------------------------------------------------------
『イメージ視覚表現研究 アーティスト・ヴィジット(1)
笹久保伸と<秩父前衛派>の世界』

現代日本は、美術や音楽などのジャンルが細分化・制度化したことにより、芸術表現が硬直した時代といえます。
表現することの根源的な欲望とは、また本当に自由な芸術とはなにか、笹久保氏と<秩父前衛派>の極めて独自で、先鋭的な表現を通して、もう一度考えます。


(※画像をクリックすると拡大します)


■講師:笹久保伸(ささくぼ しん)氏

【講師プロフィール】
笹久保伸(作曲家/映像作家/秩父前衛派)http://shin-sasakubo.com
1983年生まれ。父親の仕事の関係により1歳まで南米ペルーで過ごす。幼少の頃より南アメリカ音楽、ケーナ、シーク他、民族楽器、クラシック音楽に興味を持ち、安達常一にクラシックギターを師事。2000年、アルゼンチンコスキン音楽祭日本代表審査会にて最年少優勝。2001年日本ギターコンクール優勝、読売賞受賞。近年「秩父前衛派」として音楽に留まらず映画制作、秩父民族誌、執筆活動などを山形国際映画祭、瀬戸内芸術祭ほかで精力的に発表、活動の範疇を目覚ましく拡大している。

■日時:7月14日(木) 5限(16:20〜)

■場所:和光大学 J401教室
〒195-8585 東京都町田市金井町2160番地
※小田急線鶴川駅から徒歩15分/小田急線鶴川駅前または駅から徒歩5分のスクールバス発着所より、スクールバスをご利用いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。

*本講座は公開講座です。他学生や一般の方の聴講も歓迎いたします(予約等は不要)

-----------------------------------------------------------


■お問い合わせ先
和光大学教学支援室(TEL:044-989-7487)
新井卓(メール:info@TakashiArai.com)

このページの先頭へ