お知らせ

お知らせ

 

(4/23) ブックトーク「高群逸枝と母性主義」を開催します

4月23日(土)に、和光大学ジェンダーフリースペースにて、ブックトーク 「高群逸枝と母性主義」を開催します。
みなさま是非ご参加ください。

ブックトーク 「高群逸枝と母性主義」
加納実紀代「高群逸枝―その皇国史観をめぐって」(『女たちの銃後』増補新版 インパクト出版会1995)を中心に  





 
講師 加納実紀代さん

加納実紀代(かのうみきよ)
1940年ソウルに生れる。1976年より「女たちの現在を問う会」として、96年までに『銃後史ノート』10巻(JCA出版)、『銃後史ノート戦後編』8巻(インパクト出版会)を刊行。
◇著書◇『天皇制とジェンダー』(インパクト出版会2002)、『ひろしま女性平和学試論‐核とフェミニズム』(家族社、2002)『戦後史とジェンダー』(インパクト出版会2005)『ヒロシマとフクシマのあいだ』(インパクト出版会2013)
◇主要編著作◇『性と家族』(社会評論社1995)『リブという革命』(インパクト出版会2003)
『女性史・ジェンダー史』(日本のフェミニズム10巻、岩波書店2009)

-------------------------------------------------------------------

【日時】 2016年4月23日(土)14:00〜16:30
【会場】 和光大学ジェンダーフリースペース(G112)
【参加費】 1000円(資料代を含む)
【申込み】 事前予約が必要です。(定員20名)
【申込み方法】 所属と氏名を明記の上、4月19日(木)までに下記アドレスまでお申込みください。受付しだい、結果のいかんに関わらず、必ず返信いたします。なお、申込みはメールに限らせていただきます。
 

【申込み・問い合わせ先】
和光大学ジェンダーフォーラム  gen-free@wako.ac.jp  (阿野)

このページの先頭へ