お知らせ

お知らせ

 

(2/13) 正統と異端の科学論「錬金術(アルケミー)はトンデモ科学だったのか?」のご案内

和光大学では「正統と異端の科学論」と題したシンポジウムを下記のとおり開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。
---------------------------------------------------------------------------------------
今でこそ錬金術は疑似科学とされているが、一方では正統派化学の誕生に大きく貢献してきた。
科学史を振りかえってみると、それは単なる過去の失敗例ではなく、現代人が持つ固定観念とは違う文化であり、「化学」とは異なる一定の合理性に基づいたオルタナティブな「化学」としての面を持つ。
そこにはしばしば「実用主義」、「実績主義」に傾きがちな現在の大学における知の方向付けにおいて、示唆的なものが含まれている。
今回の企画を通じて、大学における知のあり方について検討できる機会としていきたい。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
▼シンポジウム:正統と異端の科学論▼
錬金術(アルケミー)はトンデモ科学だったのか?
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


正統と異端の科学論「錬金術はトンデモ科学だったのか?」


■日時/場所: 2016年2月13日(土)12:30開場 13:00開始
        和光大学 J棟301教室

■プログラム:
 司会/挨拶・・・堂前 雅史
 講演① 「アラビアの錬金術」松枝 到
 講演② 「錬金術の歴史」 内田 正夫
 講演③ 「やってみました。錬金術」吉田 真史
 講演④ 「大学における正統と異端」森下 直紀
 ディスカッション 「今後の大学は異端の知性の在処(ありか)たりうるか」

■定員: 200名

■参加無料: 事前予約は不要

■主催: 和光大学総合文化研究所、和光大学有志

■共催: 日本科学史学会生物学史分科会

お問い合わせ

学術振興係(A棟1階)

TEL: 044-989-7497
E-Mail: shinkou@wako.ac.jp

このページの先頭へ