お知らせ

お知らせ

 

(12/13) 「あそびのちからはいのちのちから~福島の子どもたちの笑顔に寄せて~」の開催について

研究プロジェクト「東北版あそびのちからはいのちのちから」では、「ムーブメント教育・療法」をもとに福島の子どもの育成支援を目指した室内遊びのプログラムを開発・実践、リーダー養成や地域施設を活かした試みを行ってきました。
この度、福島の子どもたちの未来に向けて活動しておられる小児科医の菊池信太郎氏をお招きして、プロジェクトの成果報告会となるシンポジウムを開催することになりました。
子ども・子育て支援、保育、教育などに関わるものにとって、福島の取り組みから学ぶことは多く、子どもたちの笑顔に想いを寄せながら、皆さんとあらためて「遊び」の意義について学び合う集いになればと願っています。
もちろん、子育て中のお母さんお父さんも大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしております。

※この催しは、2013〜2015年度文科省科学研究費助成による研究プロジェクト(課題番号:25350948研究代表:小林芳文)「原発事故影響かの子どもの発達と幸福感を育む室内遊びの開発と地域支援の実証的研究」の一環として実施されます。

あそびのちからはいのちのちから
〜福島の子どもたちの笑顔に寄せて〜




■日時: 2015年12月13日(日)13:00〜16:30 (12:30〜受付)

■場所: 和光大学E棟コンベンションホール&E101教室

■内容: ※公開親子ムーブメント教室
 ムーブメント絵本『まねっこパレード』であそぼう!
 プログラムリーダー:恵濃志保(NPO法人CMDゆうゆう代表)
      
 ※研究プロジェクト「東北版あそびのちからはいのちのちから」成果報告
笑顔が笑顔を呼ぶ好循環―福島におけるムーブメント教育の活用―
 小林芳文(横浜国立大学名誉教授・和光大学名誉教授)
 大橋さつき(和光大学現代人間学部身体環境共生学科准教授)

 ※【講演】子どもは未来、真の復興に向けて
 菊池信太郎(NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク理事長、
  医療法人仁寿会菊池記念こども保健医学研究所所長、小児科医) 

 ※意見交換・質疑応答

■申込方法: 裏面に必要事項を記入の上、FAX宛先までお送りください。
または、同様の内容でメールにて送信ください。

■その他: 参加費無料・予約優先
(事前予約の方には、プロジェクトで作成したオリジナルムーブメント絵本『まねっこパレード』をご用意いたします。)

お問い合わせ・申込先

和光大学 学術振興係(A棟1F)

 TEL: 044-989-7497
 FAX: 044-988-1594
 E-mail: asobi@wako.ac.jp

このページの先頭へ