お知らせ

お知らせ

 

(12/11) Open Concert「ヨーロッパ中世 古楽器のタペストリー『バグパイプを聴く』」

今回のオープン・コンサートは、バグパイプ奏者にして製作家、様々な古楽器を駆使して演奏活動を続ける、中世音楽のスペシャリスト・近藤治夫さんをお招きしてお贈りいたします。
コンサートでは、珍しい古楽器の演奏だけでなく、楽器復元にまつわる音楽図像学や、中世の人々の音楽生活についての楽しいレクチャーも予定しています。
2015年冬、絵画から復元された古楽器たちが、600年の時空を超えて、ぱいでいあ教室で鳴り響きます。

中川つよし

 (※画像をクリックすると拡大します)

和光大学オープン・カレッジぱいでいあ[クラシック音楽の楽しみ方-西洋音楽史入門]
Open Concert 「ヨーロッパ中世 古楽器のタペストリー『バグパイプを聴く』」

■日時:2015年12月11日(金) 11:00開演
■会場:和光大学ぱいでいあ教室(小田急線鶴川駅 徒歩1分)
    
★入場無料(どなたでもご入場できますが、未就学児童の方はご遠慮下さい)

■出演
近藤治夫(バグパイプ、ハーディガーディ、クルムホルン、ゲムスホルン、リコーダーほか)
古楽バグパイプ演奏家・製作家。古楽器演奏家。
ヨーロッパ中世民衆音楽の担い手である放浪楽師=ジョングルールに着目し、その社会的位置や演奏したであろう音楽について探究。主宰する「ジョングルール・ボン・ミュジシャン」を中心に、民衆の楽器であるバグパイプやハーディガーディ等の古楽器を用いて、中世の放浪楽師の音楽・精神を現代にどう甦らせるかをテーマに、ライブハウス、ストリート等での演奏活動を展開。演奏と並行して古楽バグパイプの製作も行なっている。

■司会:中川つよし(和光大学非常勤講師、ぱいでいあ講師)

■曲目
♪作曲者不詳:めでたし天の女王 Edi beo thu
♪C.ジェルヴェーズ(編):ブルゴーニュのブランル Branle de Bourgogne
♪アルフォンソ賢王(編):ヴェールを縫うカイコ Por nos de dulta tirar(聖母マリアのカンティガ18番)...ほか





このページの先頭へ