お知らせ

お知らせ

 

(5/9・16) ジェンダーフォーラム 上映会&市民講座「レッドマリア それでも女は生きていく」

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
       和光大学ジェンダーフォーラム
上映会&市民講座『レッドマリア それでも女は生きていく』
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 韓国・日本・フィリピンの社会の辺境で働く女性たち――家事労働者から、性労働者、非正規労働者、移住労働者、介護労働者、フィリピンの元「慰安婦」たち、そしてホームレスとしての生活を選択して生きる日本の女性。グローバリズムと高度資本主義の中で社会の周辺部に追いやられながらも、たくましく生きるアジアの女性たちの姿を、ときに寄り添い、ときには共に怒り、ときには涙しながら見つめた映画です。
 韓国で300万以上が見た大ヒット・ドキュメンタリー映画『牛の鈴音』の製作者が制作を支え、『ショッキング・ファミリー』などで知られる韓国人女性監督、キョンスンが、この生きづらい世界の中で、いかに女たちが体を張って生きているかを描き出した女性賛歌ともいえる映画を、和光大学でも上映します。ぜひご参加ください。(竹信三恵子)

①【上映会】『レッドマリア それでも女は生きていく』

日 時: 2015年5月9日(土)10:40〜12:40(10:10開場)

場 所: 和光大学 E101教室 (E棟1階 ) 

内 容: 『レッドマリア それでも女は生きていく』(監督・撮影:キョンスン 2011年/韓国/98分)


②【市民講座】生を支える労働を見えるものに〜『レッドマリア』と「家事ハラ」をつなぐもの

講 師: 竹信三恵子(和光大学現代人間学部)

日 時: 2015年5月16日(土)10:40〜12:10

場 所: 和光大学 E101教室 (E棟1階 )


※無料・予約不要・どなたでもご参加いただけます

※駐車場の台数に限りがありますので、お車でのご来場はご遠慮ください。

お問い合わせ

〒195-8585 東京都町田市金井町2160

ジェンダーフォーラム(和光大学G棟1階 )

Mail: gen-free@wako.ac.jp


このページの先頭へ