情報環境ナビ

SSL-VPNサービス

SSL-VPN とは

  • SSL-VPNは、SSLというインターネット上の通信を暗号化する技術(暗号化通信技術)を利用した、リモートアクセスサービスです。
    自宅等と大学との間で送受信するデータを暗号化し、安全に通信することができます。
  • SSL-VPNを利用することによって、学外からでも学内限定のホームページ(図書・情報館で提供しているオンラインデータベース、パスワード変更など)を利用することができます。

    ※VPNやSSL-VPNでの接続による利用を禁じているオンラインデータベースもあります。
     詳しくは、図書・情報館までお問い合わせください。

  • このサービスに特別なソフトウェアは必要なく、SSLに対応したブラウザがあれば利用可能です。
    Google Chrome、Firefox、Safariからご利用ください。
  • ※このサービスは学外限定です。
  • ※InternetExplorer 11 及びMicrosoft Edgeには対応していません。

[参考]VPN接続サービスとの違い

  • 図書・情報館では「VPN接続サービス」も提供しています。
    このサービスでは、ホームページ以外の学内ネットワークサービス(個人用フォルダ,授業用フォルダ,グループフォルダへの接続等)も利用可能です。
  • SSL-VPNサービスが遅く感じられる場合には、VPN接続サービスで接続してください。
  • VPN接続サービスには、専用のVPNクライアントソフトのインストールが必要となります。
    詳しくは、「VPN接続サービス」のページをご覧ください。

利用方法

  • ログイン
    1. https://vgate.wako.ac.jp/にアクセスします。
    2. ログイン画面でユーザ名とパスワードを入力し、[Login]ボタンをクリックします。
    3. 正しくログインできると、SSL-VPNのメイン画面が表示されます。

    ※ユーザ名とパスワードは、図書・情報館で発行したもの(Webメールやメディア室PCのログインに使用するもの)です。 
    ※VPNやSSL-VPNでの接続による利用を禁じているオンラインデータベースもあります。
     詳しくは、図書・情報館までお問い合わせください。

学内ホームページへのアクセス

表示される図書・情報館のホームページと、パスワード変更のページへのリンクをクリックすることで、それぞれのページにアクセスすることができます。
また、[Enter Web Address(URL)]欄に閲覧したいホームページのアドレスを直接入力し、[Go]ボタンをクリックすることで、任意の学内ホームページにアクセスすることができます。

利用マニュアル

大学のネットワークへの接続マニュアル」のページをご覧ください。

このページの先頭へ