学部・大学院

心理学コース ※2020年4月設置

コース紹介

 現代社会において人間の「心」の問題は多様化し、他者からの支援を必要とする状況も多くあります。
心理学コースでは、保健・医療、教育、福祉、司法・犯罪、産業・労働など、さまざまな分野の心理学を深く学ぶことができ、心に関する支援方法やその実践力を身に付けた高度な専門職の養成を行います。また、国家資格である「公認心理師」の資格取得に対応したカリキュラムを編成しています。
 高度な専門職の養成を行うコースですが、公認心理師資格等を目的とせずに心理学を深く学びたいという方も受け入れます。
 収容定員20名の少人数教育の中で、経験豊富な教員が丁寧に指導していきます。

取得できる資格

 ●公認心理師(※1)
 (※1)学部の単位要件を満たしている者に限る。資格要件を在学中に満たすことにより受験可能。

 ●臨床発達心理士(※2)
 ●学校心理士(※2)
 (※2)それぞれの資格要件を在学中もしくは修了後に追加として満たすことにより受験可能。

修了後の進路

 主に、医療(病院等の医療施設)、福祉(児童相談所や障害者福祉施設等)、教育(学校)、司法(裁判所や司法施設)、産業(企業)の分野で心理検査や心理療法、療育支援、発達相談等を担う仕事に就くことが想定されます。
このページの先頭へ