学部・大学院

経済・経営学部

経済学科 わたしの学び方

谷口 直也さん

東京都・狛江高等学校 卒

経済学は、自分の身近なことを見直すツールになる


身近なテーマから、お金の流れを考える


 経済に興味を持ったきっかけは、高校の先生の影響でした。教科書だけでなく、世の中の経済事象について解説する授業がとてもユニークだったのです。自分の頭で世界のお金の流れを知ることのおもしろさも知り、経済学科に進学しました。1、2年次は授業に集中しました。経済学にはいくつもの種類がありますが、僕が関心を持ったのは「公共政策」や「公共経済学」でした。例えば、「あまり使われていない老朽化した市営プールを維持する意味はあるか?」「鹿しか通らない場所に橋が必要か?」といったテーマで、行政側・市民側のグループに分かれて議論するのですが、それがとてもおもしろかったのです。身近なテーマから、お金の流れを考えることに関心を持つようになり、テレビのニュース番組などを見るときも自然と考えるようになりました。


3年次から就職を意識して学ぶ


 1、2年次で授業に集中し、できるだけ単位を取りました。それは就職活動に割ける時間をできるだけ確保したいと考えていたからです。3年次から就職活動に向けて、計画的に知識やエントリーシートの書き方の習得、業界・企業研究に励みました。実際の就職活動に役立ったのは、「キャリア研究III」の授業です。「和光大学に人を集めるにはどうしたらいいか?」といったテーマが毎回出され、グループに分かれて議論し、発表します。この授業で考える力、議論をまとめる力、プレゼンテーション力といった社会で求められる力を磨くことができました。実際の就職活動では金融業界、特に地域金融機関を中心に回り、信用金庫から内定をいただきました。身近な人や地域のために働けることが魅力です。和光で培った身近な物事から考える視点を仕事にも生かしたいと思います。


私の学び方[経済学科] 谷口さん 画像(2019年度大学案内より)

就職戦線を戦い抜く、
装備を身につけます

「キャリア研究III」 指導教員:清水 雅貴先生

私の学び方[経済学科] 清水先生 キャリア研究IIIは、就職活動からその後の人生プランを考える授業です。1、2年次のキャリア研究I・IIはこれからの社会を生き抜くのに必要な基礎的な能力を身につける授業ですが、キャリア研究IIIは目前にせまった就職活動の対策を主として講義を行います。具体的には企業の選び方、自己分析の進め方、業界研究、マナー講座、履歴書講座、就職支援サイトの活用方法などを学んでいきます。就職戦線に出るにあたって、必要な武器と防具を装備するそんな授業と言っていいと思います。


湯川 綾香さん

神奈川県・立花学園高等学校 卒

さまざまな考え方を知り、視野が広がりました


お金の問題から経済・社会を考える


 経済ニュースを見るのが好きだったこと、元々理系で数字を扱う経済学に親近感を覚えていたことが、経済学科に進んだ理由です。私が興味を持ったのは、いろいろなお金の問題です。「国際経済学」の授業では投資について学びました。「日本は生産年齢人口が減っているため、高齢者の方々を支えるために、私たちの年代は年をとっても年金をもらえないかもしれない。そのような事態に備え、自分たちの生活を守る手立てを講じる必要がある。その1つが投資なんだ」というのが先生の考えで、なるほどと納得した覚えがあります。また前々から関心があった「恋愛と結婚の心理学」の授業も履修しました。心に残っているのは「恋愛はエネルギーの奪い合い」という先生の定義。言葉や行動を通じ、相手からエネルギーをもらいたいと思うのが恋愛だという科学的な捉え方は新鮮で、自分に当てはめて考えたりもしました。


ゼミの議論で、固定観念を揺さぶられた


私の学び方[経済学科] 湯川さん 画像(2019年度大学案内より) ゼミは葉山先生の「経済政策」に所属しています。このゼミで力を入れているのは、経済政策について学ぶことに加え、プレゼンテーション力を磨くことです。“アベノミクス”や“教育無償化”といったテーマをもとに、いくつかのグループに分かれ、2週間くらいの時間をかけて下調べを行い、持ち寄った資料から意見をまとめ、パワーポイントで発表します。発表後は、ゼミ生全員で議論の時間です。一般論から、突拍子もない意見、専門家としての先生の意見など、いろいろな意見を耳にする時間は、固定観念を揺さぶられるようで、とても刺激になります。葉山ゼミはアットホームですが、議論するときは真剣そのもの。とても学びやすい雰囲気でした。卒業後は、元々クルマが好きだったので自動車メーカーで働く予定です。和光で学んだことを実社会で生かせたらと思っています。


私の学び方[経済学科] 湯川さん 画像(2019年度大学案内より)


経済政策の
本質に迫るゼミです

「経済政策」 指導教員:葉山 幸嗣先生

私の学び方[経済学科] 葉山先生(2019年度大学案内より) 世界各国では経済理論に基づいて、さまざまな経済政策が実行されていますが、必ずしも有効ではない場合もあります。そのため「経済状況に応じて経済政策を積極的に実行するべき」という立場と「経済政策はむしろ経済を混乱させるだけだ」とする立場に分かれています。このゼミでは理論的に両方の立場を学修し、経済政策の本質に迫ることをめざします。また、他大学のゼミと連携して「ゼミナール大会」に参加するなど、学生の学習を深める活動も活発です。


このページの先頭へ