学部・大学院

経済・経営学部

経済学科 わたしの学び方

中村 知幹さん

東京都
・明星学園高等学校 卒

経済を数字の動きから読み解く力が身につきました


経済はどんなしくみで動いているのだろう?


2020年度大学案内 経済学科 私の学び方 中村さん 画像 僕はもともと理系学科に進学しようと思っていました。数学は好きだったのですが、受験という意味での理系科目にはあまり興味が持てませんでした。いろいろと考えて辿り着いたのが経済学です。経済は現実に動いているもの。どんなしくみで動くのか。お金の流れはどうなっているのか。数字を通じて見つめ直すところに興味を覚えたのです。和光で学び始めると、そのおもしろさに気づきました。例えば、ものが増えると価値が下がることや、ニュースで耳にする円高や円安といった経済用語。それまでは感覚的に捉えていたことが学びを通じて、論理的に理解できるようになっていきました。和光の校風も学びやすい環境でした。僕が学んだ高校のように先生と学生の距離が近いことは、行き詰まったり悩んだりしたときにとても助かりました。


メジャーリーグと日本野球の市場規模を比べる


 所属するゼミのテーマは経済政策です。他大学との交流も活発で、合同発表会を行っています。僕は日本のプロ野球とメジャーリーグの比較について発表しました。メジャーリーグの市場規模は1兆円で、日本の7〜8倍にもなります。数字を遡っていくと、日本はほぼ横ばいなのに対し、メジャーリーグは右肩上がりに成長しています。この違いがどこから生まれたのか。僕はリーグ運営の構造に着目しました。メジャーリーグには30球団を統括するリーグ機構があり、チケット販売や放映権の取り扱いに強い主導権を握って、入ってきたお金を各チームに公平に分配しています。この構造がメジャーリーグの繁栄につながっている理由であると分析し、卒業論文にまとめました。4年間で数字を見る視点、その読み方を身につけました。社会に出てから生かしていきたいと思います。


2020年度大学案内 経済学科 私の学び方 中村さん 計画表12020年度大学案内 経済学科 私の学び方 中村さん 計画表2

納得のいく
就職活動をするために

「キャリア研IV/V」 指導教員:清水 雅貴先生

私の学び方[経済学科] 清水先生 経済学科では1年次から「キャリア研究」という授業を行っています。コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを養成することが目的です。ここで培われる能力は将来のスキルアップだけでなく、大学での学びにも十分に生かせると考えています。「キャリア研究Ⅳ/Ⅴ」は4年次の授業で、就職活動の支援と就職後の準備を、講義形式による指導と個別指導の2つの授業方式で展開しています。学生一人ひとりが納得のいく就職活動ができるようきめ細かくサポートしています。


伴 沙耶香さん

神奈川県・住吉高等学校 卒

経済学で身につけたことは未来に生きると思う


経済ニュースも自然とわかるようになった


2020年度大学案内 経済学科 私の学び方 伴さん 画像 経済学を学ぼうと思ったのは、社会と接点のある学問だと思ったからです。暗記をするタイプの学問は自分には向いていないですし、日々変化する世界を見つめる視点を獲得したかったこともあります。和光に入学して実際に経済学にふれてみると、その学問分野の広さに驚きました。エンターテインメント、環境、ファッションなど、どんなことも研究対象になるのです。まずは基礎をしっかり身につけることに力を注ぎました。その中で印象に残っているのは「マクロ経済学」の授業。GDPを算出するなど、数学のようにきちんと答えを出す。そこがおもしろく、熱心に取り組むことができました。いろいろな経済学にふれるうちに、それまでは理解できなかったテレビの経済ニュースも自然と理解できるように。「あ、成長してる」と実感できて、うれしかったです。


理想的なエネルギーはなんだろう?


 ゼミテーマは資源エネルギー論。指導する岩間先生はエネルギー問題の専門家です。私がこのゼミを選んだのは、3.11東日本大震災をきっかけに、自分たちの生活におけるエネルギーの重要性に気づき、より詳しく学びたいと思ったからです。ゼミでは参考書を輪読しつつ、エネルギーを取り巻くさまざまな問題についての理解を深めました。日本では火力がメインのエネルギー源です。再生可能エネルギーを増やすのが望ましいですが、風力や地熱、バイオマスなどの自然エネルギーは一長一短があります。原子力とのつきあい方も難しい問題です。どのような方向性がふさわしいかを決めるにはまだまだ議論が足りないと思いました。正解は1つとは限らない。それは社会に出てからもいえることです。エネルギー問題と向き合う中でこのことを実感できたのは、私にとって得がたい経験になりました。


2020年度大学案内 経済学科 私の学び方 伴さん 計画表12020年度大学案内 経済学科 私の学び方 伴さん 計画表2


和光大学在学生の
誇りを持って

「資源エネルギー論」 指導教員:岩間 剛一先生

2020年度大学案内 経済学科 私の学び方 岩間先生 画像 私たちにとって当たり前の快適な生活は、石油をはじめとした莫大なエネルギーの消費によって成り立っています。20世紀から21世紀にかけての高度な文明と工業化社会は、エネルギーの大量消費によって成立しました。経済は成長し、人口は増加しました。しかし、こうしたエネルギーの大量消費は、資源的にも、環境的にも持続可能でしょうか。経済学の最先端の視点から、みなさんと一緒に考えていきます。


このページの先頭へ