学部・大学院

経済・経営学部

経営学科の特色


経営学科では、「発想力豊かな、ひと味違うビジネスパーソン」になるためのマネジメント教育を実践しています。具体的には、「個性を尊重し、才能を伸ばす教育」、「多様な生き方を認め、実現する力を養う教育」、「社会人に必要とされる知識や人間力を高める教育」に取り組んでいます。カリキュラムには、企業経営・組織運営を学ぶ経営学系の科目群、企業におけるおカネの流れを整理・分析する簿記・会計学の科目群、コンピュータやインターネットのしくみを学び、ビジネスに活用するための知識やスキルを身につけるICT(情報通信技術)系の科目群、社会人の基礎力を磨くキャリア開発科目群、少人数で教員の専門分野を学ぶゼミナールが用意されています。


経営学=ビジネスを牽引する力を身につける

経営学科には、理論から実践まで幅広い科目・ジャンルが揃っています。企業や組織のマネジメントに関わる科目、企業のビジネスに関わる科目、簿記や会計など企業の収支に関わる科目、ビジネスや企画を実践する科目などがあります。共通するのは、ビジネスを牽引する力を身につけること。卒業時には社会で活躍する土台が完成しているはずです。

経営学科の学びの体系 ―経営学科の3本柱

経営学科では学びの体系として、①企業経営・組織運営を学ぶ「経営学」、②企業におけるおカネの流れを整理・分析する「簿記・会計学」、③コンピュータやインターネットの仕組みを学び、ビジネスに活用するためのスキルを身につける「ICT(情報通信技術)」を3本柱として位置づけ、幅広い科目・ジャンルを学ぶことができます。

キャリア形成支援教育 ―実践的なカリキュラム

経営学科では、社会人基礎力を養成するためのキャリア形成支援教育を実施しています。ビジネスにおける一般常識や進路・職業選択、キャリア・デザイン(進路の設計)やコミュニケーションスキルについて、学生の得意・不得意や適性に応じた指導を心がけています。フィールドワークやインターンシップなどの実践的な授業も用意されています。

4年間を通じた少人数教育 ―ゼミナール

経営学科では、4年間を通じて少人数教育を実践する「ゼミナール」を開講しています。ゼミナール1では、修学支援教育とビジネスパーソンに求められる社会人基礎力を養成しています。ゼミナール2〜4では、3年間継続して同じ教員のゼミナールに所属し、少人数による専門教育やキャリア形成支援教育を実施しています。

経営学科の特徴



「資格をサキドリ」

井出 健二郎先生

専攻分野:会計学


 「日商簿記初級」は簿記ではなんと56年ぶりのまったく新しい資格で、4月からネット試験(CBT方式)が始まりました。それに完全対応した授業があり、学内で申し込み・受験でき、夏休み前に資格がひとつとれる…どの大学にもない和光の経営の良さです。

社会の現場に飛び込んで学べる   4年 茂木 宏之さん(神奈川県・横浜清風高等学校 卒)

ゼミで地域活性化を目的とした芸術祭の運営に携わりました。現地に何度も訪れ、町役場の方や出展作家の方と打ち合わせを重ねながら、プロジェクトをつくる経験ができるのは、経営学科ならではです。


先生の熱量がすごい   3年 渡邊 朋輝さん(神奈川県・磯子高等学校 卒)

1つ質問を投げかけると何倍にもなって返ってくるような、熱量の高い先生がたくさんいます。その中に得るものが多くあるので、学習も充実しています。自分から学んでいく、どんどん質問したいという人にはおすすめです。


このページの先頭へ