学部・大学院

学科長挨拶

経済学科長から

 経済活動とは、モノやサービスを生産し、消費することです。経済学科では、生産と消費がどのように行われているかを学ぶことを通じ、より良い社会をつくるにはどうしたらよいかを考えます。生産に使われる資源には限りがあります。より良い社会の実現に向けて、有限な資源をどのように配分し、活用していくのかを研究する学問が経済学です。

 経済学科のカリキュラムには、理論、歴史、政策の3つの分野の専門科目が体系的に配置されています。現在、日本の社会が抱える問題は、少子高齢化や経済の低成長、さらにはグローバル化などが複雑に絡み合って生じていると考えられます。複雑化している諸問題の要因を分析し、効果的な解決策を考えるためには、理論、歴史、政策の3つの観点から経済学的思考を身につける必要があります。

 経済学は論理的な思考が重視されます。経済学を学ぶことは、社会的な問題に関心を持ち、それらを論理的に考えることができる力を養うことに繋がります。経済学科での学びを通じ、今後、社会に出てから必ず役に立つ知識や思考力を身につけてください。





経済学科長 稲田 圭祐 

経営学科長から

 経営学科のカリキュラムでは、経営学系、簿記・会計学系、ICT系(Information Communication Technology)の科目がバランスよく配置されており、それら3領域にまたがる実践的・応用的な科目も充実しています。
 しかし、高校生の皆さんには、私たちがどのような科目を用意しているのかという「開講科目表」だけで経営学科を選んでほしくありません。経営学科では、1年次から4年次まで、「ゼミナール」が必修となっています。とくに、2年次から4年次は同一の教員のもとで3年間、じっくりと学ぶことが可能です。ゼミナールをカリキュラムの中心に据えていることが経営学科の最大の特色なのです。
 4年間の学びの基軸となる「ゼミナール」では、教員・ゼミ生が一体となって、ともに研究し、学習していきます。経営学の理論を学術書の精読によって学ぶゼミもあれば、資格試験に向けた学習を重ねるゼミ、地域連携活動や産学連携活動を通じて実践的な知識・スキルを養うゼミもあります。「卒業論文」に取り組む上級生を見ながら、1年後・2年後の自分の姿を想像することができる縦のつながりを大事にするゼミもあります。
 このようなゼミナール中心カリキュラムによって、私たちは、卒業生がどのような分野に進んだとしても、しっかりと、そしてひたむきに仕事に取り組んでいける力を養っていきたいと考えています。
 保護者の皆さまには、大学公式サイトや『大学案内』の情報に加え、ぜひ各「ゼミナール」の学びを実際にご見学いただければと思います。
 企業の皆さまには、経営学科の学びの特質をご理解のうえ、ご遠慮なく連携のお申し出などをいただければと存じます。


経営学科長 杉本 昌昭

このページの先頭へ