学部・大学院

経済経営学部3ポリシー

学位授与方針 <ディプロマ・ポリシー>

本学部は、本学の建学理念と教育目標にもとづいて、深い専門知識と、それを活かすための広い教養と高いコミュニケーション能力を身につけた学生を、社会に送り出すことを目指します。公平で確かな成績評価を行い、所定の課程を修めた以下のような学生には、卒業を認定し学位を授与します。

1.経済学および経営学の専門科目について所定の単位を修得した人。
2.広い教養を通じて経済学および経営学の社会的役割を理解している人。
3.経済学と経営学を包括的に理解している人。
4.経済学および経営学の知見を社会生活に応用する能力を身につけた人。

教育課程編成方針<カリキュラム・ポリシー>

本学部は、本学の建学理念と本学部の教育目標を達成するために、経済学および経営学の専門知識を涵養する講義科目とゼミナールとを設置します。また、専門知識を社会生活や職業生活に活かす力を養成するキャリア教育を実施します。

1.経済学科にあっては、理論、歴史、政策の3分野の専門科目を体系的に配置し、経営学科にあっては、経営、会計、情報通信技術の3分野の専門科目を体系的に配置します。

2.学年を重ねるにつれて専門性を高められるよう、必修専門科目と選択専門科目とを1年次から4年次まで階梯的に配置します。

3.経済学と経営学を総合的に学ぶことができるよう、学科の垣根を超えて専門科目を履修できるカリキュラムを提供します。

4.少人数のゼミナールを通じて、専門知識、論理的思考力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、文章表現力を総合的に涵養します。

5.4年間を通じ、職業観や社会人基礎力を育むキャリア教育を行います。

入学者受け入れ方針<アドミッション・ポリシー>

■経済学科
 
経済学科では、社会の仕組みや経済の動きに関心があり、より多くの人がより豊かに暮らすためにはどうすればよいかを考えることに意欲がある人を求めます。経済理論、政策、行政、経済史、環境問題、国際社会などに興味がある人を受け入れます。

■経営学科
 経営学科では、経営学科の3つの専門領域である経営・簿記会計・情報にかかわるさまざまな問題について関心を有している人、ビジネスにかかわるみずからの将来像を明確に思い描き、その実現に向けて意欲的に学ぶことができる人を受け入れます。
このページの先頭へ