学部・大学院

総合文化学科

学びのキーワード

●文学・文化(日本・英語圏・アジア・太平洋諸島・ヨーロッパ・アフリカ)
●言語(日本語・中国語・英語・ドイツ語など) ●神話 ●ファンタジー ●映画・映像 ●演劇 ●音楽 ●観光 ●生活文化 ●ポピュラー文化 ●文化遺産 ●教職(英語・国語)

こんな人に向いています

●表現に潜む意味を読み取り、自分のことばで発信する力をつけたい
●広報、企画、出版、社会教育、図書館司書、観光など、人と人をつなぐ文化の担い手として活躍したい ●英語などの語学力を養いたい ●国語科、英語科の教員になりたい

学科公式twitter

http://twitter.com/sogobunka

総合文化学科の特色

文学・文化について、古典もサブカルチャーも、自由に学べます。ことばやイメージを読み解き、自ら文化を生み出す力を養います。多彩なフィールドワークで、文化を生け捕りにする力を培います。

総合文化学科のカリキュラム

経営学科の特色

大学生活のベースとなるゼミナールが各学年にあります。1〜2年次で基礎を学び、2〜4年次で「文学系」「言語系」「現代文化系」の3つの系を目安に、各自の専門の学びを深めていきます。

わたしの学び方

わたしたちの学び方

総合文化学科で、どのように4年間学ぶか、学生それぞれの進路や夢によって異なります。具体的な例をご紹介します。

総合文化学科の教員紹介

総合文化学科の教員の簡単なプロフィールを紹介します。

学科の理念

人類が創造してきた文化について、基礎的な知識を学び、深く掘り下げ、日常生活に実践的に生かす力をつけます。多様な領域から、自らの問いやテーマを見いだし、探究することにより、批評的な思考力と異なる文化や異なる表現に向き合う感性を育てます。

取得できる資格

教諭[国語(中学一種・高校一種)・英語(中学一種・高校一種)/図書館司書/学校図書館司書教諭/博物館学芸員/社会教育主事]

資格取得の詳しい情報はこちら

このページの先頭へ