学部・大学院

総合文化学科

総合文化学科の特色

人と人をつなぐ文化のにない手になろう!

「ことば」「文化」「表現」に関して、幅広い視点から、その奥深さ、多様性にアプローチしていきます。日本語と日本文化をベースとして、外国語や外国文化、神話や思想、音楽や、映像、メディアや文化史などをフィールドワークも交えながら、自由に学びます。

 1年生では、プロゼミで「読み・書き・発表し・議論する」という大学での学びの基礎を身につけます。また、1年生・2年生で、学科基礎科目を自由に選択し、専門分野の基礎知識を学び入門的なトレーニングをします。
 専門性を深める科目は、文学系科目、言語系科目、現代文化系科目の3つにくくられています。ひとつの系を集中的に学ぶこともできますし、自分の興味にあわせて複数の系の科目を横断的に学ぶこともできます。
 さまざまな学問に出逢うことで、自分が探究すべきテーマが固まってくるのが、3年生です。3年生ではゼミナールで専門の学びを深めます。
 4年生では、それまで身につけた知識や思考力をフル活用して、卒業論文(または卒業制作)を完成させます。

総合文化学科情報誌『SOBUN-SCOPE』

『SOBUN-SCOPE』2018
総合文化学科の教育内容や学生・卒業生について発信する冊子『SOBUN-SCOPE 2018』を発行しました!
一部の内容
をこちらからご覧いただけます。
 <内容紹介>
〇 この授業がおもしろい(授業紹介)
 オムニバス総合文化1
 近世の文化と言語表現(深沢ゼミ)
 英語科教育法1

〇言語研修プログラム (履修生による報告)

〇フィールドワーク報告(担当教員および学生による報告)
 中央アジア・フィールドワーク
 身近な中国"池袋のチャイナタウン"を歩く
 東京文化資源区
 灯りは何を照らすのか―近江八幡・安土

〇インターンシップ体験記 (学生による報告)

〇学生の制作活動(学生による報告)
 映像作品「温もりの味」を監督して

〇卒業生の活躍(卒業生インタビュー)
 戸惑いから楽しさへ

〇資料
 先輩たちの卒業論文・卒業制作
 卒業論文・卒業制作一覧
 多彩なゼミナール

このページの先頭へ