学部・大学院

芸術学科

芸術学科の特色

「アート」「デザイン」「プランニング」自分の専門性を高める、3系統の学び

芸術学科は、1年次は芸術各分野の基礎を一通り学んだのち、2年次からは「アート」「デザイン」「プランニング」の3系統に分かれ、専門性を深めていきます。

アート系では、絵画(油彩、日本画)、彫刻、版画、映像などを中心とする造形技術を習得し、他系統・他学科の講座と連動しつつ、社会に開かれた造形表現を提供できる人材を育成します。
デザイン系では、デザインの歴史を振り返るとともに、IT時代の新しいデザイン思考を開発。グラフィック、プロダクト、ウェブなど多様なデザインの現場を経験しつつ、即戦力を養成します。
プランニング系では、美学美術史、書物や雑誌の編集、展覧会のプラン、カタログや作品集の制作など芸術界の裏方を養成します。

アート系

油彩や日本画を学ぶ「絵画」、「彫刻」、「版画」、「映像」などを学ぶ系統です。プロ作家として活動する指導教員も多く、表現技術を学ぶだけでなく、作家として活動していくための方法を学ぶこともできます。


詫摩昭人ゼミ「現代絵画・絵画工房」

油彩、その他多種多様な平面表現を実技と理論から学び、制作するゼミ。

実技は当然ですが、ポストモダン、ミニマルアートやコンセプチュアルアートなど、理論もバランスよく学びます。また、美術館見学や画廊廻りも積極的に行います。


     

デザイン系

デザイン系では、グラフィック、プロダクト、ウェブなど多様なデザインを学ぶことができます。PCスキルを磨くだけでなく、デザイン史やデザイン思考、デザインマネジメントについても学び、社会で即戦力となる人材育成をめざしています。


近藤忠ゼミ「ヴィジュアル・デザイン」

このゼミのテーマは、「デザイン道場」。

ポスター、新聞広告、パッケージデザイン、企業ブランディングなどの課題実習を通じて、デザインの基礎・応用を学びます。


     

プランニング系

プランニング系は、美学や美術史、書物や雑誌の編集、展覧会のプランニング、作品集の制作などに携わる能力を身につけます。博物館や美術館の職員、編集者など、いわば、芸術界の裏方になりたい方に向いている系統です。


半田滋男ゼミ「ヴィジュアル・アート」

なにより、たくさんの作品に接することを第一にするゼミ。美術館だけでなく地方の芸術祭へ足を運ぶこともしばしばです。そのうえで展覧会の企画・編集についても学びます。


     

PICK UP ゼミナール

芸術学科 詫摩先生 画像
現代絵画・絵画工房  詫摩 昭人


「自分で道を切り開く力を身に着けてほしい。」

 このゼミでは、絵画を中心に実験的な作品を作れるよう心がけ、20世紀〜同時代の表現に強くなってもらいます。自由制作課題が年4回あり、うち2回は学内のゼミ展で発表。コンクールへの挑戦も盛んで、学外の展覧会も行い、学生たちには卒業後も作品を作り続けられることを願っています。アーティストという就職先はないので、自分で道を切り開いていく力を身につけられるよう指導します。

芸術学科 畑中先生 画像
情報メディア・デザイン  畑中 朋子


「グループでのコンテンツ制作に対話や体験を生かす。」

 図鑑や絵本、アニメーション、デジタル教材など視覚的にストーリーを伝えるデザインに取り組みます。五感で感じる生の体験を作品づくりに生かしてもらいたいので、フィールドワークとコラボレーションを重視。環境から得られる直接体験を通して、作り手としてのアイデンティティを育んでほしいです。さらにプロデューサー・ディレクター的視点で自らチームを率いていけたら理想!


このページの先頭へ