学部・大学院

人間科学科 わたしの学び方

 片桐 幸香さん

神奈川県・高浜高等学校 卒

体育のおもしろさ、楽しさを伝えていきたい

人間について多角的に学びたい

2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 片桐さん 画像1 小中ではバスケットボール、高校では陸上。大学でも体育を学ぶつもりでしたが、それだけではもったいない。私は人の観察が好きで、心理学に関心がありました。和光に進学したのは体育も心理学も学べる環境だったからです。1年次は心理学をはじめ、人間関係にまつわる科目を多く履修しました。とくに興味を持ったのはジェンダーです。「男性学」「現代社会とジェンダー」などの授業を通じ、世の中には多様な人がいて、多様な生きづらさを抱えていることを再認識し、自分の視野が広がったように思います。2年次からは教職課程を履修し始めました。教員になるためというより、人に教えるのが好きだったからチャレンジしようと思ったのです。将来、教員をめざすにあたり、体育のおもしろさを人に伝えられるような力を身につけるよう努力しています。


自分の体を使って、人間の体を学ぶ

2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 片桐さん 画像2 私が所属する矢田先生のゼミは運動生理学がテーマです。いろいろなスポーツに取り組みながら、体力づくりや筋肉の動かし方・鍛え方について実践しながら学んでいます。例を挙げると、鶴川から東京スカイツリーまでウォーキングをしたことがありました。これは長時間運動中のエネルギー補給について学ぶための取り組みです。どのタイミングで水分補給をするか、休憩をとるかなどを自分で考え、記録し、結果から考察を行います。自分や仲間を素材に体のしくみを理解するという、興味深い学び方でした。ゼミのメンバーもとてもフレンドリーで、困ったときは支え合いながら学べるのもいいところです。卒業に向けて、生徒が学校生活で過ごしやすくなるための教員としての指導方法をテーマに研究を進めていきます。


2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 片桐さん 計画表1


2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 片桐さん 計画表2


行って、見て、出会って、
感じてほしい

「身体環境共生論演習2」 指導教員:矢田 秀昭先生

2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 矢田先生 画像 人間の生理現象は運動前、運動中、運動後と連続的に変化します。運動するとなぜ汗をかくのか?走ると血圧は上がるか、下がるか?このゼミではそんなスポーツ場面で起こる現象を実験実習の課題に設定し、自分の身体を使いながら、運動生理学を体系的に学びます。その一環として行う、長距離ウォーキングや12時間バレーボール大会はゼミの名物です。ゼミ活動を通じて、スポーツ場面のなぜを理解すると同時に多くの人に説明できるようになってほしいと思っています。

生徒のこころをギュッとつかむ先生になりたい

 本多 秀行さん

神奈川県・相原高等学校 卒

槇岡 翔平さん

神奈川県・保土ケ谷高等学校 卒



ダイビングのおもしろさに目覚める

2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 本多さん・槇岡さん 画像1 僕らは保健体育科の教員をめざして、この学科に入りました。知り合ったのはプロゼミです。担当の先生の指導のもと、ダイビングに取り組み、そのおもしろさに目覚めました。ダイビングの魅力は、自然を肌で感じ、さらに異世界と出合うような感覚を得られるところです。もっと深く潜りたいと思い、ライセンス取得にも取り組むほか、長期休暇の際は、2人で沖縄まで足を延ばしています。授業はほぼ教職課程に関わるものを履修しています。和光の先生方は熱心で、授業内外でさまざまな機会を与えてくれます。所属ゼミの制野先生には、現役の体育教員の研究発表会に誘っていただきました。武道を教える際に、相手のことをよく考えるようにするため、目隠しをしたらどうか?という提案があるなど、発見の連続。体育の教え方の奥深さを知る思いでした。。


学生主体のゼミでリーダーシップを身につける

2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 本多さん・槇岡さん 画像2 僕らが所属する制野ゼミは2、3年を合わせると40人規模の大所帯です。ゼミの活動内容は、先生のアドバイスを受けつつも、学生自身が決めるのがルール。スポーツ大会の開催やカンボジアでのボランティアなど、活動は多岐にわたります。僕らの代では被災地の食材を使ってビアガーデンを開きました。熊本や宮城から食材を集め、大学への申請、道具のレンタルなど、運営に関わるすべてをゼミ生自身で担いました。「これが大学の勉強?」と思うかもしれませんが、学生自身のリーダーシップや自主性を養うことが、先生の狙いです。ゼミでのさまざまな経験は教員になってからクラス運営や保護者とのコミュニケーションに役立ちそうです。将来は生徒のこころをつかめるような教員になりたいです。そのために残り1年を有意義に使うつもりです。



2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 本多さん・槇岡さん 計画表12020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 本多さん・槇岡さん 計画表2


スポーツを通じて、
企画力、運営力を身につけます


「身体環境共生論演習4」 指導教員:制野 俊弘先生

2020年度大学案内 人間科学科 私の学び方 制野先生 画像 このゼミでは、スポーツの起源とその歴史を学び、現代的な意味について考察した上で、学生自身によるスポーツイベント・遊びの企画・運営を行います。ゼミの主役はゼミ生自身です。スポーツイベントの企画・実施から、当日の運営までのすべての過程を学生自身に担ってもらいます。ゼミ内だけでなく、学園祭などにおいてもスポーツイベントも行います。このような経験を積むことを通じて、組織を運営する力、企画能力も同時に養います。

このページの先頭へ