学部・大学院

身体環境共生学科

身体環境共生学科 わたしの学び方

栗林 琴子さん

東京都・和光高等学校 卒

聴覚障がい者とのコミュニケーションを考える


身体環境共生学科「わたしの学び方」 私が卒論のテーマに選んだのは「聴覚障がい者とのコミュニケーション」です。1年次のときに聴覚障がいのある友人ができ、彼女と話をしたいと思ったことがきっかけでした。自分でも手話を学び、さらに、ろうの文化や歴史、デフファミリー※の暮らしを調べたり、友人にインタビューを行い、聴覚障がい者のリアルな生活に迫りました。おそらく、自分の日常生活のなかでは気づかなかったことを、研究を通じて知ることができたのは何より大きな財産になったと思っています。
 私は、野中浩一先生のゼミに所属しています。ゼミ生の関心はさまざまですが、かえっていろいろなテーマについて学ぶこともできますし、多様な意見を聞けておもしろいです。野中先生は「自分を疑ってかかれ」とよく言います。
 耳にしたことにうなずいているだけではダメ、それはほんとうなのかを調べたり、考えを突きつめることが大切だという教えです。その姿勢は身についたかもしれません。


※デフファミリー・・・全員が聴覚障がいのある家族のこと

このページの先頭へ