学部・大学院

保育専修

2010年4月、現代人間学部心理教育学科に保育士養成のための「保育専修」が開設されました。

和光大学で、保育・幼児教育を学ぶ意味

和光大学の母体である和光学園は、幼稚園から小学校、中学校、高等学校、大学、大学院までを擁する学園です。その長年にわたって幼児教育を行ってきた和光学園が、日本の保育・幼児教育の現状に対応する人材を育成するため、2010年、満を持して保育者育成の教育に乗り出しました。

教育の特色

学科の半分を心理学の先生が占め、乳幼児期だけでなく、青年期までを見通した多面的な教育を受けることが出来ます。 
さらに、子どもだけではなく、子育てや労働など、保護者や社会の問題に関しても学習を深めることで、広い視野を持つ保育士・幼稚園教諭となることができます。 
幅広い教養と深い専門教育を身につけた、4年制大学卒業生に対する現場からのニーズは年々高まっているのです。

取得できる資格

保育専修で取得できる資格は次のとおりです。 

・保育士
・教員免許 幼稚園(1種)
・図書館司書
・社会教育主事
・博物館学芸員

カリキュラムの特徴

保育士、幼稚園教諭の資格科目に加え、本学の特色である講義バイキングによって、心理科目をはじめとする多分野の講義履修が可能な点が最大の特色です。 
また卒業後は、就職だけでなく、大学院において幼稚園教諭の専修免許や臨床発達心理士などの資格を取得する道も用意されています。

実習の特色

同一法人である和光幼稚園、和光鶴川幼稚園、さらに本学と深い交流を持つ2つの幼稚園、保育園を中心にさまざまな施設での実習を用意しています。 
3、4年次に行われる本格的な保育・幼稚園実習のほか、1、2年次から日常的にボランティア活動を実施。 
子どもたちと接する機会をより多く持つことで、実技の基礎や現場での心構えをマスターしていきます。 

和光幼稚園のホームページはこちら

和光鶴川幼稚園のホームページはこちら

卒業後の進路

公立幼稚園、公立保育園、私立幼稚園、私立保育園、学童保育、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設、児童館。
その他子どもに関わる仕事など。

このページの先頭へ