学部・大学院

経済・経営学部

2015年4月、心理教育学科は変わります

専門性を追究する2専修1コースを設置

心理教育学科は2015年度より、心理学を中心とする「心理学専修」、小学校と幼稚園の教員免許がとれる「子ども教育専修」、保育士資格と幼稚園教員免許がとれる「保育コース」の2専修・1コース制となり、トータルな人間の成長の場として発展します。



心理学専修の特徴

乳幼児から老年期までの人の一生の発達を中心に、個人社会、適応ー不適応などの視点を組み合わせることで、「こころ」について、自分の関心にあわせて深く学び、現代の諸問題を読み解く力や、実践・援助する方法を身につけることができます。また、心理学に関する幅広い領域を学ぶことにより、認定心理士の資格を取得することが出来ます。

子ども教育専修の特徴

子ども教育専修では、子どもとともに歩み、子どもの気持ちがわかる小学校教師を目指します。じっくりと心理学や教育学・保育学を共に学び合う、自分で考え、みんなで問題解決する力を養います。具体的な特徴は以下の通りです。

1. 和光学園の小学校幼稚園との連携
 幼少連携教育の理念と実践について学び、新しい時代の要請に応える教員としての力をつけます。小学校でのインターンシップを通して教師としての実践力の基礎を作ります。

2. 子どもの発達支援と障がい児への特別支援教育
 学校現場で重要な問題となっている、子どもの発達障がいに対応し、さまざまな子どもの問題行動や障がいを受容できる心理学の知識や、カウンセリングマインドを持った教員を育てます。

3. 国際社会で生きる多文化共生の力
 日本で生活する外国人の子どもたちについて深く理解し、ニーズに合った適切なサポートができる小学校教員養成を目指します。地域での国際交流活動などに参加し、多文化共生の意識を高めます。


「4年間の学び」についてはこちら

子ども教育専修 保育コースの特徴

保育についての基礎はもちろん、心理学や教育学の考え方も身につけて、考えて行動できる保育者、幼稚園教諭を養成します。
乳幼児期だけでなく、青年期、成人期など広く人の一生について学ぶことができます。1年次から和光幼稚園などでの実習を行い
、理論も実践もバランス良く学習します。


「4年間の学び」についてはこちら

このページの先頭へ