学部・大学院

子ども教育専修 保育コース

保育コースの特徴

保育士・幼稚園教諭を育成するコースです。保育の基礎から応用まで、理論・実践をバランスよく学習します。心理学や教育学の知識を身につけ、考えて行動できる保育者となることをめざします。

保育コースは、例年3分の1程度が男子学生です。共学のため、お互いの経験や考え方を活かしながら様々な問題をともに考えます。

在籍学生が自らの学びを紹介している「わたしの学び方」は、こちらをご覧ください。


 


カリキュラムの特徴

保育コースでは、幼稚園教諭・保育士の資格が取得できます。資格取得に必要な科目に加え、本学の特色である「講義バイキング」によって、心理学や教育学などの科目を履修することで保育とかかわりのある分野についても専門的な学びを深めることができます。  

「音楽」や「表現」の授業では、パネルシアター、パペットなどをつくり、演じて発表することで保育者として必要な表現力を養います。

「4年間の学び」は、こちらご覧ください。


現場での実践力が育つ実習環境

幼稚園・保育園での実習のほか、大学内には保育実習室、音楽室、図画工作室、調理実習室があり、音楽、調理、造形、幼児体育などの実技を身につける実習環境が充実しています。


保育実習室 

 

音楽室


図画工作室 

 

調理実習室


和光幼稚園、和光鶴川幼稚園と連携しているため、1年次から幼稚園での優れた実践に直接触れながら学ぶことができます。和光幼稚園、和光鶴川幼稚園の教諭から、保育の現場について講義を受ける機会もあります。


和光幼稚園のホームページはこちら

和光鶴川幼稚園のホームページはこちら


「新入生歓迎会」「実技発表会」「4年生を送る会」など学生主体で行うイベントを通して、行事を運営し、演出する力を養います。


新入生歓迎会 

 

実技発表会室



取得できる資格

保育コースで取得できる資格は次のとおりです。 

・小学校教諭(一種)※

・幼稚園教諭(一種)

・保育士

・図書館司書

・学校図書館司書教諭※
博物館学芸員
社会教育主事


 ※・・・制度上は取得可能ですが、4年間で取得することはきわめて困難です


過去の主な卒業論文テーマ

・障がいを持つ子どもを産む選択:出生前診断を考える

・保育行事の研究

・日本におけるベビーシッターの制度と実態

・絵画指導の研究

・保育制度改革の横浜方式をどう考えるか

・障がい児との関わり:放課後等デイサービスを中心に

・生育環境による読書習慣の形成

・出産にのぞむ女性の意識

・おりがみ遊びの創造性

・乳幼児の歌と遊び:発達段階による遊び歌の楽しみ方

・子どもの習い事:地域と時代による傾向

・虐待としつけの境界線


このページの先頭へ