学部・大学院

3.地域から世界へ―――社会の「リアル」にふれるフィールドワーク、現場体験学習

 現代社会学科では、毎年、フィールドワークを行っています。現地に出かけ、さまざまな社会問題や人々の社会活動に触れることで、人間や社会に対する理解の幅が広がり、自分の生き方を考える手がかりにもなります。


 
   (左)サンフランシスコ・フィールドワーク(2014年9月)
      GLBT歴史館で解説を聞きながら展示をみる学生
   (右)ハワイ・フィールドワーク(2015年9月)
      カウアイのマカウェリ・キャンプでガイドの説明を聞く学生

 
   (左)マレーシア・フィールドワーク(2012年9月)
      マレーシアのイポーの農村地帯で開発に反対する住民や支援NGOメンバーに話を聞く学生
   (右)上関・浜岡フィールドワーク(2012年9月)
      原発の予定地に近い祝島(山口県上関町)で干しダコの加工作業を手伝っている学生
     


★これまでに現代社会学科で実施されたフィールドワーク


  17 ●2017年度 パラオ・フィールドワーク[馬場淳]


  16 ●2016年度 北海道(夕張)フィールドワーク[竹信 三恵子]


  15 ●2015年度 ハワイ(オアフ島、カウアイ島)フィールドワーク[挽地 康彦]

     ハワイフィールドワーク報告①報告②報告③報告④

14 ●2014年度 北海道浦河フィールドワーク[米田 幸弘]

   13 ●2014年度 アメリカ(サンフランシスコ・バークレー・オークランド)フィールドワーク[杉浦 郁子]

   12 ●2013年度 山形国際ドキュメンタリー映画祭フィールドワーク[道場 親信]


   11 ●2013年度 ベルリン・パリフィールドワーク[中力 えり]

     ベルリン・パリフィールドワーク報告①報告②報告③報告④報告⑤

10 ●2012年度 マレーシアフィールドワーク[竹信 三恵子] 

 9 ●2012年度 上関(山口)・浜岡(静岡)フィールドワーク[ロバート・リケット] 

 8 ●2011年度 対馬(長崎)・熊本フィールドワーク[挽地 康彦] 

 7 ●2011年度 延辺(中国)フィールドワーク[ユ・ヒョヂョン] 

 6 ●2010年度 庄内(山形)フィールドワーク[道場 親信] 

 5 ●2009年度 沖縄フィールドワーク[中力 えり] 

 4 ●2008年度 北海道フィールドワーク[ユ・ヒョヂョン] 

 3 ●2007年度 関西(神戸・大阪・京都)フィールドワーク[ロバート・リケット] 

 2 ●2006年度 フィリピンフィールドワーク[ロバート・リケット] 

 1 ●2003年度 モンゴル国フィールドワーク[ユ・ヒョヂョン] 

 現代社会学科情報誌『U WAKO』はフィールドワークを特集しています。
 フィールドワークの他にも、学部共通のインターンシップ(現代人間学部は非営利の市民団体にインターンを受け入れていただいています)、全学共通の短期語学留学があります。また、さまざまな講義科目でもミニフィールドワークや当事者のゲスト講義があります。生の人間の声、体験、活動に触れることのできるさまざまな機会を活かしてください。


現代社会学科フィールドワークMAP






このページの先頭へ