学部・大学院

エッセイ

教養と学問をめぐって

和光大学で共通教養科目を担当する教員が、教養や学問、学生の皆さんに学んでほしいこと、考えてもらいたいことなど、自由に綴ったエッセイです。論旨やスタイルなど、とてもバラエティに富んだこれらの文章から、教員の多様な個性、そして和光大学における共通教養の多様なすがたを感じとってください。

ビルディング・ア・ビルドゥング〜現在進行形

身体環境共生学科 教授 野中 浩一

デザインは文化と教養の所産

芸術学科 教授 川間 哲夫

スポーツを通した人間的な成長

経営学科 教授 原田 尚幸

教養教育はいかにあるべきか

経営学科 准教授 金 雅美

20年後に悔やまない為に

総合文化学科 教授 浅見 克彦

自分のライフプランを構想するために

経済学科 教授 樋口 弘夫

むだなことの奥深さ

身体環境共生学科 教授 上野 隆生

ハタケからの報告

心理教育学科 教授 岩本 陽児

音楽からの人間探求

総合文化学科 准教授 長尾 洋子

私は共通教養が嫌いだった

総合文化学科 教授 津田 博幸

自分で編み上げる「知」の世界

本学名誉教授 塩崎 文雄

辞書の引き方を教えてくれた教授

本学名誉教授 伊藤 光彦

常識の常識

本学名誉教授 最首 悟

私を流れる地下水脈

本学名誉教授 杉本 紀子

社会主義と資本主義の収斂

本学名誉教授 松沼 勇

ただの現実逃避かもしれないが

経営学科 元教授 山崎 秀雄

このページの先頭へ