学部・大学院

短期語学留学

夏休みを利用して、語学に磨きをかけよう!

語学力をアップしたい学生 ―アジアやヨーロッパで24時間外国語にふれる生活を

短期語学留学制度は、語学学習を目的に夏休みなどの長期休暇を利用して、海外留学する制度です。日本語を使用しない環境で外国語にどっぷりと浸かる時間は語学力を高めてくれるはず。また海外文化を知る絶好の機会でもあります。

留学先一覧

上海大学(協定大学)

上海でもっとも大きい大学。週末には上海を知るためのプログラムも用意しています。本学留学経験者の親睦会もあります。

宮城 奈津紀さん(総合文化学科 3年)


リアルな上海にふれ、自分の中国観が定まった

 沖縄出身の私は中国に興味があり、この4年間で積極的に学んでみよう思っています。そこで中国語を上達させるため、また現地の文化を感じるため留学することに決めました。初めの1週間は先生が同行し、学校での手続きをしてくれます。けれど甘えていられるのは最初だけ。語学授業では日本語を話すことはありませんし、町に出れば英語すら通じません。ご飯を食べたり、日用品を買うだけでも中国語が必要になるのです。また先生の教え子である中国人の方に招かれ、親戚が集まる食事会にも同席することができました。
 まだまだうまく話せないことを実感し、中国語への学習意欲がむくむくと湧いてきました。実際に中国に行って気づいたのは「私たちと同じなんだ」ということです。テレビを通して見るのとは異なるリアルな上海、食も人も沖縄と似ている上海、自分の中の中国観が定まってきたことは、これからの勉強にきっとプラスになると思います。

募集型(上海大学以外の大学・施設)

上海大学以外の大学・施設(本学とは「学生交換協定」などを結んでいない)で学修するプログラム。国内大手旅行代理店が企画実施する「語学留学」のうち、本学が適当と認めたプログラムに参加することによって、単位認定を行う制度です。
1人でも参加OK!現地施設では、本学以外の学生、日本以外の国からの参加者とクラスをともにして学修します。

<英語>

アメリカ St. Giles International

イギリス Celtic English Academy ほか、世界各国の英語圏の学校


<中国語>

中国、香港、台湾等中国語圏の学校


<ドイツ語>

ドイツ F+U Academy of Language


※2016年度実績


郡司 直弥さん(経営学科3年) 


この1カ月の留学は、大きな財産になりそうです    留学先:マルタ島

 僕が短期語学留学した理由は、将来をみすえて、基礎的な英語の感覚を習得しておきたい、欧米文化の生活を体験してみたいと考えたからです。学生のうちじゃないと、なかなか留学することもできないと思ったのも理由のひとつです。私が選んだ留学先はマルタ島。日本人留学生が少なく、必然的に英語を使わざるを得ない環境にあるのが良いと思いました。
 授業は1日4時間で、ディスカッション形式で行われました。“ 好きなスポーツ” “ 好きな食べ物”といった話しやすいテーマで、とにかく英語を使って話します。放課後は学校で知り合った友人と食事をしたり、観光したりしました。この時間も英語で会話しますから、ある意味、勉強時間です。自然なコミュニケーションを重ねるほど、英語力は伸びるんだなと実感しました。
 留学中は、さまざまな国の友人ができたり、世界の広さを肌で感じられたりと、英語以上に得られるものがありました。「1カ月なんて無意味」という人もいますが「1カ月でも行く価値はある」と僕は言いたいですね。
短期語学留学「わたしの体験紹介」マルタ島 短期語学留学「わたしの体験紹介」マルタ島
このページの先頭へ