和光大学 2018年度 大学案内
88/108

1年次2年次3年次3stepキャリア支援室のバックアッププログラム就職支援一人ひとりに合ったキャリアイメージを描くために1具体的な進路・就職に向かう学生生活の経験や体験を通じて、社会で求められる能力を磨きながら、就職や将来設計を考える和光大学では、日常的な学びや活動を通じて、積極性・自主性・社会性が身につくカリキュラムやプログラムを用意しています。インターンシップでは、企業での就業体験という実践を通じて、職業選択や適性を考えます。フィールドワークでは、現場での調査や考察を通じて、問題解決力や積極性を磨きます。フィールドワーク/インターンシップ>>> P.021~022少人数のゼミナール形式の授業を通じて、ディスカッションやプレゼンテーションの方法を身につけていきます。プロゼミ/キャリア研究/ゼミナール1>>> P.023語学力を磨いたり、資格を取得することにより、企業が求める実践的スキルをアピールすることができます。語学留学/資格取得>>> P.025, P.033~034◯ 適職発見テスト◯ 職業興味発見テスト◯ 教員採用試験対策講座◯ 公務員試験対策講座ガイダンス◯ 障がい学生のための進路ガイダンス◯ 資格取得セミナー(ITパスポート・FP3級)◯ キックオフセミナー◯ 自己分析講座◯ 就活サイト活用講座◯ 面接対策講座◯ 模擬面接◯ グループディスカッション対策講座◯ 連続SPI対策講座◯ 学内合同会社説明会◯ 就活のための着こなし講座◯ 業界研究講座/セミナー◯ 履歴書/エントリーシート対策講座◯ 内定の決まった先輩の話を聞く西澤 将門さん 経済経営学部 経済学科 4年1年次2年次3年次自分の興味を見つけるどんな職業に就きたいのかは、まだ漠然としていました。この頃に授業の一環で「ニュース検定」に挑戦したことが後々に業界研究やSPI対策に生きてきたと思います。自分の方向性を定めるアルバイトで地域の方々とふれあい、感謝されることの喜びを実感。将来は地域貢献に関わる仕事をしたいと考えるようになり、特に地域金融機関の仕事が視野に入ってきました。夏休みにインターンシップへ就職活動は11月頃から動き始め、冬のインターンシップに参加しました。キャリア支援室でESや履歴書の添削をしてもらいました。また秘書検定2級に挑戦しました。昭和信用金庫 内定 (神奈川県・大和南高等学校 卒)4年間のステップstep2step卒業までの4年間は、学問やスポーツ、やりたいことなどにチャレンジし、可能性と視野を広げていく時間です。和光大学ではあなたの可能性と視野を広げ、将来の夢や希望と出会うために、日頃の活動を支援するとともに、1年次から就職に向けた出会いや発見につながるさまざまな支援を行っています。自己分析キャリア支援室のバックアッププログラムキャリア支援室のバックアッププログラム業界研究志望動機ゼミナール>>> 各学科ページより高い専門性と論理的思考、問題解決力を身につけると同時に、発表資料作成やプレゼンテーションのスキルを身につけていきます。なぜその仕事なのか試験対策に取り組むどのような仕事か自分のよさとは先輩から学ぶ!内定までのステップ就職活動は自分の将来を考える良い機会です。一日でも早く行動を起こしたほうがいいなというのが実感です。遊ぶ時間はありませんでしたが、そんな中でもキャリア支援室の方と話せたのは息抜きにもなりました。087

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です