和光大学 2018年度 大学案内
77/108

わたしの学び方経済学科の特徴3年 湯川 綾香さん神奈川県・立花学園高等学校 卒 経済学はちょっと難しそうに感じていましたが、学んでみると私たちの生活にとても近い学問なんだとわかります。経済学科の先生たちは個性的で、親身に寄り添ってくれる先生が多いので、学びやすい環境だと思います。 必修科目の「キャリア研究」で4年間かけて、社会の一般常識や就職に役立つ知識を得たり、ディスカッションや発表を行う力を磨けます。少人数なので仲の良い友人もできました。3年 髙橋 郁奈さん秋田県・角館高等学校 卒 学び方はアナタ次第!伝統的な経済学から最新のファッション経済学、人類の将来を考える環境経済学、それからエンターテインメント経済学もあります。いろいろ組み合わせて、自分だけのマナビを組み立ててみてください。葉山 幸嗣先生専攻分野:経済政策取得できる資格学位について●教諭[社会(中学一種)・地理歴史(高校一種)・公民(高校一種)]●図書館司書   ●学校図書館司書教諭●博物館学芸員   ●社会教育主事●学士(経済学)とても親身な先生が多い就活を意識した授業が魅力とにかく自由でオモシロイ! 和光の経済学科 経済学科の科目で最初に衝撃を受けたのは、三浦彰先生の「ファッション経済学」です。ファッションの奥深さや歴史、市場のサイクルなどさまざまな角度から業界について学びました。ハイブランドのパーティーに参加したときは「こんな世界があったんだ!」と思わず口にするほど驚きました。 将来はファッション業界でグローバルに働こうと決意し、英語学習に力を入れました。3年次には文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」に合格し、1年間アメリカに留学しました。その際はたくさんの先生にサポートしていただき心強かったです。 ゼミでも良い経験ができました。毎回、2、3人のチームで経済学のトピックをプレゼンするので、タイムマネジメントや相手の立場に立って考える習慣が身につきました。 和光での出会いは、かけがえのないものばかり。僕にとって人生のターニングポイントになりました。4年 山本 響さん東京都・深沢高等学校 卒経済学科での出会いがターニングポイントになった076現代人間学部表現学部経済経営学部

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です