和光大学 2018年度 大学案内
63/108

わたしの学び方総合文化学科の特徴●教諭[国語(中学一種・高校一種)・英語(中学一種・高校一種)]●図書館司書  ●学校図書館司書教諭●博物館学芸員 ●社会教育主事 取得できる資格学位について●学士(表現学) アラビア語、トルコ語、ネパール語など、この4年間では多くの言語について学びました。その中でも「フランス語とその世界」はとても好きな授業です。フランス文化にふれながら“音”でフランス語を習得するという内容で、シャンソンを歌ったり、音をきっかけに会話をしたりと楽しみながら学べました。また多くの言語を学び、言語と言語のつながりを発見できたのも有意義でした。 卒論のテーマは「日記英語における主語省略」。本来は主語省略ができない英語ですが、日記に限っては主語が省略されることがあり、その理由を探りました。参考資料が少なく、一時は行き詰まりそうでしたが、阿部先生のアドバイスで「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズを調査対象資料にした上で、日本語で書かれた日記との比較、最近の英語の現状について考察しました。これまで学んできたことの集大成になったと思います。4年 山川 華奈さん東京都・世田谷総合高等学校 卒多様な「ことば」「言語」についてとことん学んだ2年 菊池 寛太さん高知県・土佐塾高等学校 卒 総合文化というその名の通り、多様な観点から文化を探ることができます。僕にとっては“知の遊び場”です。また卒業単位のうち62単位まで、他学科科目の履修が認められているので、幅広く、多くの知識を身につけられると思います。 先生が個性的です。自由で、独自性のある研究をされているので、学生にいい影響を与えてくれます。まだ何を学んでいいか、何に興味があるかわからないという人でも、この学科なら学びたいことが見つかるはずです。3年 矢萩 雄輝さん神奈川県・金井高等学校 卒 総合文化学科には幅広い学びの選択肢があります。その中からじっくりと、自ら興味関心をもって取り組めるテーマを見つけてください。共に迷い、共に学びながらしっかり自分の将来像を描く4年間を過ごしてほしいと考えています。佐藤 眞理子先生専攻分野:英語教育多様な観点が身につくまだ興味が見つからない人でもOK幅広い学びの選択肢から、じっくり「自分」を見つけて062現代人間学部表現学部経済経営学部

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です