和光大学 2018年度 大学案内
44/108

心理教育学科 子ども教育専修 保育コース(幼児教育課程)ここで学んだことを、将来の行動につなげたい 心理学も保育も学べる環境があるのが、和光を選んだ理由です。また、高校からダンスを続けていたので、ダンスサークルがあったことも決め手になりました。 ここまでの3年間、どの授業も興味深く学んでいますが、「保育内容」がもっとも印象に残っています。これは「健康・人間関係・環境・言葉・表現」という保育が大切にする5領域について学ぶ授業です。とくに「人間関係」の授業は、現場で働いていた先生からリアルな子どもの様子を聞き、保育士がいかに子どもに関わっていくかについて考えさせられ、とてもおもしろかったです。 私は、大西公恵先生のゼミに属しています。このゼミのテーマは教育実践研究です。本の講読など頭を使って考えることが多いですが、学生同士のディスカッションも活発ですし、幼稚園や小学校に足を運び、教育現場を見学することもあり、充実しています。私自身の研究テーマは「子どもと関わる大人の存在」です。思春期の子どもにとって親や先生など、大人はどんな存在なのか、私自身の思春期の頃の経験と重ね合わせつつ、研究を行っています。研究を通じ、学んだことや考えたことを行動に移せるようにできたらと思っています。思春期の子どもにとって、大人の存在とは?子どもの“リアル”を知りながら、考えていく3年 三浦 李菜さん 神奈川県・横浜清陵総合高等学校 卒私の学び方保育実習室音楽室図画工作室調理実習室幼稚園での実習保育園での実習主な就職先 ※過去の主な就職先です。● なかの幼稚園● 鶯谷さくら幼稚園● 愛の光幼稚園● 秦野市立保育園● ゆうき山保育園● ききょう保育園● 森野保育園● 川和保育園● 花の木保育園● 社会福祉法人 地球郷 他保育士・幼稚園教諭を養成するコースです。保育の基礎から応用まで、理論・実践をバランス良く学習します。心理学や教育学の知識を身につけ、考えて行動できる保育者となることをめざします。音楽、調理、造形、幼児体育などの実技を身につける実習環境が充実しています。現場での実践力が育つ実習環境POINT社会の問題として「子どもを育てる」ことを考えます 大西ゼミでは「子どもを育てる技」について考えます。大人たちは子どもに対してさまざまな働きかけを行います。子どもにどのような力をつけさせたいと思い、そのためにどのような方法を編み出し、選択するのか。そうした問題を追究するために、教員の実践記録、教育現場にふれることを大切にしています。それにより、自分の経験だけでなく、広く社会の問題として教育を捉え直してほしいからです。このゼミを通じて、人が育つということ、人を育てるということに思考を巡らせ、仲間と議論し、ゼミ生がそれぞれに伸びてほしいと思っています。「子どもを育てる技」指導教員 大西 公恵先生保育コースの特徴043

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です