和光大学 2018年度 大学案内
39/108

心理教育学科は、心理学を中心とする「心理学専修」、小学校と幼稚園の教員免許が取れる「子ども教育専修」、保育士資格と幼稚園教員免許が取れる「保育コース」の2専修・1コースがあり、トータルな人間の成長の場として発展しています。心理教育学科は専門性を追究する2専修・1コース4年間の学び心理学・教育学・保育学の各分野での総合的でアカデミックな成果を学びあいます。研究法・実技科目・インターンシップなどを通じて実践的な力を身につけます。広い視野を持ち、深く物事を考え、現実の問題にガッチリと取り組むことのできる人間形成を、厳しくかつ楽しく行える学科です。1年次2年次3年次4年次心理教育学科の中で学ぶメリット初等教育をはじめとする子どもと人間の成長について理論的・実践的に学び、小学校と幼稚園の教員免許の取得をめざします。子ども教育専修小さい子どもたちの発達と、それを支える方法である保育学・幼児教育学について学び、保育士資格と幼稚園教員免許の取得をめざすコースです。子ども教育専修 保育コース「発達心理学」や「臨床心理学」、「社会心理学」などさまざまな心理学を学ぶことで、基礎的な知識を身につけ、「こころ」への関心を高めます。幅広い心理学の世界心理学の基本的な考え方や方法を学びながら、関心のある領域を探します「こころ」を探るさまざまな研究法自分の関心にあった領域を深く学び、問題意識を高めるとともに、心理学の研究法を修得し、卒業論文につなげていきます実験や質問紙法、面接法などの研究法を、実習を通じて学び、「こころ」という目に見えないものを科学的に捉え、分析するスキルを育みます。多彩なテーマの卒業論文「こころ」に対する問いをもとに、専門ゼミに参加しつつ、卒業論文に取り組みますそれぞれが自分の問題意識にもとづいて作成した卒業論文を完成させます。卒論発表会では、その成果を発表し、卒業論文完成の喜びを分かち合うとともに、4年間の成長を実感します。大学生活に必要な基礎スキルをプロゼミで身につけます。学習の基本を身につけます和光学園の小学校で、前期には林間学校の支援員、後期には沖縄学習旅行の同行があります。現場での学校行事の支援なども行います。教員の仕事のイメージを持ち、理論と実践を統合していく4年間の学びの基礎とします。学校インターンシップ教員をめざす基礎をつくります教科の専門的知識や教育法、教材研究を深めていきます。子どもの発達理論、生徒指導や教育心理学を学び、成長・発達の専門職として必要な力をつけます。プロゼミで大学での基本的な学習スキルを身につけます。保育学を基本から学び始め、学校インターンシップで幼稚園の見学実習に行き、年度末には実技発表会も行います。小学校・幼稚園の各教科教育法教科の内容・構成教室だけが学びの場ではありません。3年次からはいよいよ保育所、施設でそれぞれ12日間ずつの実習を行います。専門ゼミに所属し、各自の研究テーマを深めます。4年次では、保育実習・幼稚園教育実習と並行して、専門ゼミで学習研究の集大成として卒業論文をまとめます。実習とゼミと卒業論文を中心に小学校・幼稚園教員になるための専門的な力をつけます教育実習卒業論文教員の仕事のためのブラッシュアップいよいよ、3週間の教育実習を迎えます。学校現場で実際に子どもたちと過ごし、教員としての実践力を高めます。「教職実践演習」では、全員で教育実習を振り返り、教員養成課程の総仕上げをします。大学4年間で深めたテーマを論文の形にまとめます。保育の専門知識と実践的スキルの向上をめざします保育士に必要な知識をさらに深めます。学校インターンシップや、実技発表会などを通じて、より実践的なスキルを高めます。子どもから大人まで、人間の「こころ」についてさまざまな分野の心理学を理論的・実践的に学びます。心理学専修038現代人間学部表現学部経済経営学部

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です