和光大学 2018年度 大学案内
17/108

講義バイキング CASE STUDY02宮田 海斗さん 経済経営学部 経営学科 3年 (神奈川県・厚木清南高等学校 卒) 僕は将来、映像業界に進みたいと思っていますが、興味を持った科目はどんどん履修しました。スポーツマーケティング論で興味深かったのは、スポーツやオリンピックなどのイベントをきっかけに、さまざまな表現が生まれたことを知ったこと。より映像表現への興味が高まったように思います。映像技術を学ぶゼミでは”しんゆりマルシェ”という地域イベントのPVを制作しました。さらに映像を深く学ぶために、講義バイキングを活用して総合文化学科の「映像文化論」を履修しました。百戦錬磨のプロの映画監督の授業はとても刺激的です。映像を軸にしつつ、これからも学びたいことを学んでいこうと思います。自由な学びができるから、将来の可能性が広がった野球やサッカー・五輪の大会など、スポーツを経営学やマーケティングの視点から分析していく授業。逆に言えば、身近で具体的なテーマで経営学という学問を学んでいくため、理論の理解もしやすくなるはず。テーマ身近なテーマから経営・ビジネスを考えてみるスポーツマーケティング論キー科目現場と理論を結びつけて学んでいく経営戦略論経営学科 専門科目一般の企業はどのような戦略で動いているのか?そもそも「戦略」とは何なのか?この授業で経営戦略の基礎を学べば、たとえば就職活動の業界研究などにも役立つに違いない。POINTスポーツと身体文化総合文化学科 専門科目ビジネスとしてのスポーツに加え、文化としてのスポーツや身体表現も学べば、より視野が広がるはず。野球、サッカー、ダンス、演劇、スケートボードなどを批評的な視点から読み解く授業。さらに、学びを広げるなら多彩なスポーツから学ぶプロ野球、Jリーグ、大相撲から、MLB、NBA、欧州サッカーまでさまざまなスポーツをとりあげ、そのビジネス戦略を理解する。スポーツと社会の関係を知るファンサービスや地域貢献活動、環境問題、スポーツ振興など、スポーツと社会の関係についても理解を深める。現場で働く人の声を聞く実際にスポーツビジネスに携わる方を招いた特別講義も行われ、現場のリアルな声を聞くことができる。1つの科目を出発点に、学びの枠を広げてみよう経営学科 専門科目先輩編講義バイキングのヒント016

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です