和光大学 2018年度 大学案内
16/108

講義バイキング CASE STUDY01石田 麻子さん 表現学部 芸術学科 4年 (宮城県・尚絅学院高等学校 卒) 「ヴィジュアル・アート」を学んで良かったのは、作品制作においての「スジ」を見つけることができたことです。この授業でたくさんの展覧会に足を運び、たくさんの作品にふれたことにより、自分がつくりたい作品、自分が表現したいことが明確になったと思います。地方の展覧会に足を運んだことがきっかけで「観光論」などの授業も履修しました。また歴史の授業をきっかけに、時代の移ろいとともに人の考えも変化することを再確認し、このテーマでインスタレーション作品を制作しました。私は講義バイキングで履修したあらゆる授業を通じて「ものの見方」を学ぶことができたと思っています。自分のつくりたい作品が明確になった和|光|ス|タ|イ|ル|の|学|び先輩編講義バイキングのヒントこの科目、実は、芸術学科のゼミ。企画や編集の仕事をめざしたり、博物館学芸員資格を取得したい学生が集っているが、他学科の学生でもアートへの鑑賞眼、ことばにまとめる力を養いたい人にオススメの科目だ。テーマアートから、企画力、制作力を身につけるヴィジュアル・アートキー科目たくさん見て、たくさん書いて、たくさん蓄積するフィールドワークの実践芸術学科 専門科目芸術学科では2つのフィールドワークがあり、長期休暇を利用して、国内外の展覧会を観に行くことができる。本物を感じ、鑑賞眼を養う良い機会になる。POINT宗教と神話 総合文化学科 専門科目宗教学の観点からキリスト教の旧約聖書を読み解いていく授業。キリスト教に限らず、芸術の背景には古典や宗教の影響があるため、批評眼を養う一助になるはず。さらに、学びを広げるなら美術館・博物館で実物を見るとにかく、たくさんの作品を観る。それがこのゼミの大前提。ゼミ合宿などでは地方のアートイベントに足を運ぶことも。自分の言葉で批評文を書くめざすのは単なる感想ではなく、作品や作家の背景をふまえた批評文。1年間書いた成果はゼミ雑誌のかたちに編集する。野外展覧会の企画・運営ゼミ生総出で参加するイベントが「サトヤマ・アート・サンポ」。展示企画だけでなくゼミとして作品制作も行う。芸術学科 専門科目1つの科目を出発点に、学びの枠を広げてみよう015

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です