和光大学 2018年度 大学案内
10/108

学業も、サークルも、ボランティアもぜんぶ、将来につながっている10月中旬11月初旬11月中旬11月下旬10月初旬現代人間学部 心理教育学科子ども教育専修 2年(神奈川県・新名学園旭丘高等学校 卒)小学校教師をめざしている古本さん。興味を持ったことは、なんでも挑戦する。成功も失敗もどんな経験も、いつか自分の力になると信じているから。古本 健優さん初等教育シンポジウムで発表!初等教育発足2年を記念した学内シンポジウムに参加。学生の立場から発表を行った。当日は地域の教育委員会の方や和光学園の方々も訪れたので、すごく緊張した!地域連携研究センター主催の「心音(こころね)(大橋さつき先生)」は、学生が子ども向けのワークショップなどを行う活動。10月からは、3月に地域の子どもと舞台表現を発表するために活動を本格化させた。地域の子どもたちと舞台表現にチャレンジ!月曜日と水曜日の午前中は、小学校ボランティアに参加して学習指導のサポートをしている。大学の現場で学んだこと、自分で考えた指導案を実践する絶好の機会。定期的に小学校ボランティアへ!模擬授業は、子ども教育専修の学生にとって、重要課題だから手が抜けない。この日は小学4年生に向けて算数をどうわかりやすく伝えるかを考える。難しいけど、おもしろい!模擬授業に向けて学習指導案をつくる!E棟にかかる橋に投影した映像に合わせて太鼓を演奏するという試みに、わ太鼓サークル竜鼓座として参加。今回は映像に合わせて、新たな曲を書き起こして演奏した。プロジェクションマッピングと太鼓のコラボレーション!6:008:0012:0013:0014:4016:1018:0021:0023:0024:00起床小学校ボランティアへボランティア終了大学着 ラウンジで指導案作成授業(4限)指導案の作成わ太鼓の練習開始練習終了 メンバーで食事へ帰宅、明日の準備就寝最近の水曜日のスケジュール和光大生の生活からわたしのキャンパスライフ009

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です