学生生活

外国人登録/留学手続き

登録手続き

新しい在留管理制度の導入により,2012年に外国人登録制度が廃止になり、それによって、手続きの方法が変更になりました。

新たに来日された方

出入国港において在留カードが交付された方は、居住地を定めてから14日以内に、在留カードを持参の上、居住地の市役所または区役所の窓口に届け出てください。

引越しをされた方

中長期在留者の方が、居住地を変更した場合、変更地の居住地に移転した日から14日以内に、在留カードを持参の上、市役所または区役所の窓口に届け出てください。また教学支援室と学生支援室にもそのことを忘れずに届け出てください。

必要なもの

  • ・旅券
  • ・在留カード(外国人登録証明書)

住居地以外の変更届け出

住居地以外に変更が生じた場合(①氏名、生年月日、性別、国籍、地域を変更したとき②在留カードの有効期間が満了となるとき③在留カードの紛失、盗難、滅失、汚損又は毀損により再交付申請をするときなど)には、その変更の生じた日から14日以内に、本人が地方入国管理官署に出頭して届出・申請しなければなりません。また教学支援室と学生支援室にもそのことを忘れずに届け出てください。

留学手続き

日本で勉学する外国人留学生諸君は、「新しい在留管理制度」にもとづき必要な手続きを行ってください。いずれの場合も詳しくは直接入国管理局(外国人在留総合インフォメーションセンター TEL:057-013904 平日8:30〜17:15)へお問合せください。

留学資格の取得、延長

入学前の「留学」以外の在留資格から、「留学」への切り替え申請中の方や、留学資格の延長手続き中の方は、手続き完了後、ただちに大学(教学支援室と学生支援室)に連絡してください。

在留期間の更新

留学生として日本に在留を許可される期間は最長4年と3か月(研究生・科目等履修生は1年間)です。更新は、在留期間の満了する3カ月前から手続きが出来ますので、早めに入国管理局に本人が出向いて手続きをおこなってください。
また、入国管理局にて審査後、在留期間更新の許可がおりた方は、更新後(新規)の「在留カード」の表裏のコピー1部を必ず学生支援室に提出してください。

在留期間の更新申請に必要な書類

・在留期間更新許可申請書(入国管理局にもあります。)
 ※法務省HPから各自でダウンロードして作成してください(10【留学】申請人等作成用1,2,3を作成)。  

・所属機関が作成する申請書(大学で発行する申請書)
 ※所属機関が作成する部分については、学生支援室へ申請してください。
・旅券
・在留カード
・写真(縦4cm×3cm)
・学部生・院生:在学証明書…A棟1階証明書自動発行機にて発行
        成績証明書…A棟1階証明書自動発行機にて発行
 研究生:研究生証明書…A棟2階教学支援室窓口で発行
 科目等履修生:履修登録証明書…A棟2階教学支援室窓口で発行
・日本での学費、生活費の支弁能力を証明するもの(残高証明書・預金通帳等適宜提示が必要な場合があります。)
・手数料(収入印紙)

※年間修得単位数が25単位未満の方は、更新時に追加書類が発生します。詳細は、学生支援室へお問い合わせください。

所属機関が作成する部分の申請に必要な書類

  • ・証明書交付願い(学生支援室窓口で発行)
  • ・旅券(写真・氏名のアルファベット、在留資格を確認できる頁)のコピー
  • ・在留カードの裏表のコピー又は住民票のコピー
  • ・ポータルサイトから打ち出した学生時間割表のコピー
    ・研究生・科目等履修生はその証明証のコピー

お問い合わせ

学生支援室 学生支援係 (A棟3F)

TEL:044-989-7490
このページの先頭へ