学生生活

学生たちの活躍・サークル紹介

第23回 トライアスロン部

和光大学通信 No.132(2012.7.20)より
文:トライアスロン部部長 中澤 元(経済学科4年)

 
 トライアスロンという競技を知っていますか?
 トライアスロンとは、一人でSwim+Bike+Runの三種目を行う競技です。シドニーオリンピックから正式種目となり、着実に世間に浸透しつつあります。
 現在、部員は10名で、週3回練習を行っています。Swimは、夏は大学のプールを、冬は町田の市民プールなどを利用しています。Bikeは、大学内のエアロバイク、または自転車を専用の器具にはめて練習します。部員の時間が合えば、休日にサイクリングに行くこともあります。Runは、大学周辺や大学内のランニングマシンを用いて練習しています。三種目の練習をするのは大変と思われるかもしれませんが、ケガをした時や練習が少し退屈になった時に、別の種目で気分展開できるという魅力があります。
 大会にも出場しています。これまで、09横浜国際トライスロン大会14位、10年日本学生トライアスロン選手権82位、11年同大会60位という成績をおさめています。そのほかに、ホノルル、沖縄(石垣島、宮古島)、新潟、北海道、栃木、神奈川(八景島)などさまざまな地域の大会にも出場しています。大会には、全国各地から、中には海外からの参加者もいます。大会は自分の力を試す場としてだけでなく、日頃接することのない世代や環境の人たちと交流できる場でもあります。また、大会後にその土地の物を食べたり、観光したりと知らなかった土地を自分の足で歩き味わえるのも楽しみになっています。
 競技をはじめて出会った「自転車」は、自分の生活スタイルを変えました。これまでは、どこかに出掛けるとなると、バスや電車、車を利用していましたが、「自転車」という選択肢が増えました。どこへでも好きなところへ行くことができ、出発時間も自分で決められる、お金もかからない、人力=痩せる、定期代がうく=遊べる、運動=ストレス解消と、良いところがたくさん! 仲間の中には、東京から大阪まで自転車で行ったつわものもいます。
 トライアスロンは、個人競技です。やりたいと思った時にやる、勉強やアルバイトに集中したい時は集中する。目標も、大会出場をめざす人、体力をつけたい人とさまざまです。「私にはちょっと‥‥」とはじめから諦めるか、まずはやってみるかはあなた次第です。少しでも興味があったら、ぜひ、トライアスロン部を訪ねてください。

 

バックナンバー

このページの先頭へ