経済経営学部 経営学科

発想力豊かなひと味違うビジネスパーソンになるためのマネジメント教育

経営学科の特色

 経営学科では、「発想力豊かな、ひと味違うビジネスパーソン」になるためのマネジメント教育を実践しています。具体的には、「個性を尊重し、才能を伸ばす教育」、「多様な生き方を認め、実現する力を養う教育」、「社会人に必要とされる知識や人間力を高める教育」に取り組んでいます。カリキュラムには、企業経営・組織運営を学ぶ経営学系の科目群、企業におけるおカネの流れを整理・分析する簿記・会計学系の科目群、コンピュータやインターネットの仕組みを学び、ビジネスに活用するためのスキルを身につけるICT(情報通信技術)系の科目群、社会人の基礎力を磨くキャリア開発科目群、少人数で教員の専門分野を学ぶゼミナールが用意されています。

カリキュラム

経営学=ビジネスを牽引する力を身につける

 経営学科には、理論から実践まで幅広い科目・ジャンルが揃っています。企業や組織のマネジメントに関わる科目、企業のビジネスに関わる科目、簿記や会計など企業の収支に関わる科目、ビジネスや企画を実践する科目などがあります。共通するのは、ビジネスを牽引する力を身につけること。卒業時には社会で活躍する土台が完成しているはずです。

経営学科の
学びの体系

経営学科の3本柱

 経営学科では学びの体系として、①企業経営・組織運営を学ぶ「経営学」、②企業におけるおカネの流れを整理・分析する「簿記・会計学」、③コンピュータやインターネットの仕組みを学び、ビジネスに活用するためのスキルを身につける「ICT(情報通信技術)」を3本柱として位置づけ、幅広い科目・ジャンルを学ぶことができます。

キャリア形成
支援教育

実践的なカリキュラム

 経営学科では、社会人基礎力を養成するためのキャリア形成支援教育を実施しています。ビジネスにおける一般常識や進路・職業選択、キャリア・デザイン(進路の設計)やコミュニケーションスキルについて、学生の得意・不得意や適性に応じた指導を心がけています。フィールドワークやインターンシップなどの実践的な授業も用意されています。

4年間を通じた
少人数教育

ゼミナール

 経営学科では、4年間を通じて少人数教育を実践する「ゼミナール」を開講しています。ゼミナール1では、修学支援教育とビジネスパーソンに求められる社会人基礎力を養成しています。ゼミナール2~4では、3年間継続して同じ教員のゼミナールに所属し、少人数による専門教育やキャリア形成支援教育を実施しています。

ゼミナール紹介

経営学科では、3年間継続して同じ教員のゼミナールに所属し、学生の得意・不得意や適性に応じた少人数による専門教育やキャリア形成支援教育を実施しています。
※教員の写真をクリックすると、その教員の「ゼミナール紹介」が表示されます。

テクノロジー
マネジメント

上野 哲郎

ゼミでは、イノベーションについて広く検討します。会社の実例を皆で調べ、議論しながら、その本質を学びます。また、その結果をまとめて発表することを目指します。


原価計算論

井出 健二郎

簿記を学んだ成果として、資格がみなさんの財産になります。それをバックアップするとともに、仲間と簿記アプリ制作をしましょう。自分の製品が世の中に出ることは楽しいことです。

マーケティング・
コミュニケーション

大野 幸子

※2018年度のゼミナール募集はありません。
学生が主体的に活動し、定期的な報告やケース・スタディを用いて実践的に学んでいます。また、先輩や後輩などゼミ生同士の仲が良いのも特徴です。流行ものに敏感な人。ゼミでしっかり学びたい人を歓迎します。


国際ビジネス論

金 雅美

履歴書の書き方、自己分析、業界研究、個人の就職活動の方法など、就職のための実践的な作業を毎回の授業で行います。ゼミでは、学生同士のコミュニケーションを大切にします。

ビジネス・
コミュニケーション

小林 猛久

ゼミナールでは、大学を取り巻く地域社会の企業や市民団体などの皆さんと、実際に新商品開発や活性化を目指したイベントの計画や実践を行います。過去、多くの商品が実現化し、販売されています。

経営情報
システム論

小林 稔

ソーシャル・メディアなど最先端のICT(情報通信技術)を組織経営に利活用するための方法論を学習しています。その一方で、コンピュータを利用した映像などのデジタル・コンテンツの制作手法やYouTubeなどのコンテンツ共有サイトが社会・経済に与える影響について研究しています。


企業論

鈴木 岩行

ゼミでは、現在注目を集めている企業について研究したり、海外に進出した日本企業が直面する課題とそれを解決するにはどうすべきか等を学びます。企業見学や現地調査もしたいと思っています。


情報処理技術論

杉本 昌昭

情報処理分野の資格試験の合格を目指し、問題演習を行っています。また、さまざまな企業の情報システムについて事例研究をしたり、ICTをめぐる社会現象についてディスカッションをして理解を深めたりしています。


基本経営学

當間 政義

ゼミナールでは社会の中の様々な問題を取り上げ議論します。そしてこの問題がビジネスによって解決が可能であるなら、経営の理論を基礎にそのアイデアをビジネス・モデルとしてデザインすることを目標とします。

スポーツ
ビジネス論

原田 尚幸

※2018年度のゼミナール募集はありません。

メディア
ビジネス論

バンバン・ルディアント

国際感覚を身に付けるために国際機関訪問などの学外活動も取り入れ、バリ島で合宿・ホームステイプログラムも実施します。研究では主に防災分野などの国際協力、手法として地理情報システム技術などを利用します。


産学連携実践論

平井 宏典

2年次に経営戦略に関する文献研究とプレゼン、3年次に産学連携プロジェクトにチャレンジします。またゼミ合宿は国内に加え、海外(香港)にも行きます(予定)。その他、ゼミ企画の企業等の見学会等も実施します。


経営基本管理

福田 好裕

ゼミナールでは、「望ましいマネジメントとは何か」をケース(事例)を通じて考察していきます。調査や報告、討論を通じて、経営を考えるマインド(気構え)やセンス(感覚)を育んでいきます。

マーケティング論

丸山 一彦

※2018年度のゼミナール募集はありません。
ゼミでは、学術研究された商品企画の最新理論と方法を皆で学び、ゼミ生自身のテーマで商品(サービスも含む)を企画することで、これらを実践的に体得します。ゼミで体験する事全てが企画に繋がり、就活に役立ちます。