卒業生の近況 |  2014/01/06

本学(人間発達学科)を卒業後、本学大学院を修了された佐藤大輔さんが、 大学院での研究の一部をまとめ、2012年に『厚生の指標』誌に投稿された論文 「高校福祉科進学動機と介護・援助に関する意識調査」が、2012年度に投稿された 論文数十編のなかから、見事に、同誌に掲載された優れた論文を表彰する 川井記念賞に選出されました。

続きを読む

教職員から |  2013/12/11

『週刊文春』(2013年12月12日号)に掲載された「週刊文春ミステリーベスト10」の海外部門において総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳を手掛けた『コリーニ事件』(フェルディナント・フォン・シーラッハ著)が第4位にランクインしました。

---------------------------------------------------- >>週刊文春WEB http://www.bunshun.co.jp/stockfile/best2013.htm

続きを読む

キャンパス風景 |  2013/11/30

和光大学内には、ギャラリースペースが数箇所ありますが、なかでもアートプランニング室として親しまれてきましたG棟2階のギャラリースペースはちょうど都心のコマーシャルギャラリーとおなじくらいのサイズの、使いやすいスペースです。 そのスペースが2013年後期から「和光大学ホワイトギャラリー」と改称され、今までより一層活発に学生たちの活動を発信しています。 学生たちの週替わりでの渾身の新作発表をお見逃しなく!

続きを読む

教職員から |  2013/11/28

2014年1月号『ハヤカワ・ミステリマガジン』(早川書房)の特集「ミステリが読みたい!2014年版」海外篇において、総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳を手掛けたフェルディナント・フォン・シーラッハ『コリーニ事件』が第8位になりました。 同じく翻訳を手掛けたネレ・ノイハウス『白雪姫には死んでもらう』は第14位、 アンドレアス・グルーバー『夏を殺す少女』は第17位、新人賞で第5位にランクインしました。

【東京創元社URL】 ミステリが読みたい!2014年版

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121
最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ