公開講座 |  2008/12/09

前回のフランス・アルザス地方の報告に続き、ドイツ・ベルリンの報告です。 10月24日(金)に行われた第3回目の講座をご紹介いたします。 講師は本学表現学部総合文化学科教授酒寄進一先生です。 今回は36名の参加で、沢山の方々に受講していただきました。ありがとうございました。

前半はベルリンとコーヒーのお話でした。ヨーロッパの列強国が植民地を求めて世界に進出する一つの要因がコーヒーでした。ドイツでいかにコーヒーが生活に根ざしていたのかを文学作品(トゥホルスキーやエーリヒ・ケストナー)やバッハの「コーヒーカンタータ」などを例に紹介がされました。また、一方で、ヨーロッパの中では特に戦争の歴史の中で、生活にコーヒーがどのように位置づいているかについても、酒寄先生の翻訳した『ベルリン』三部作(『ベルリン1919』、『ベルリン1933』、『ベルリン1945』)の生活の中にふれられていました。戦時下でない時代からも質素な食生活であったにもかかわらず、その中にコーヒーを渇望する市民の会話。戦時下物資が不足すると、クリスマスのときのソーセージ、行倒れのように倒れる馬にむらがる人々、代用コーヒー・・・。生き抜くことの現実がそこにありました。 後半は酒寄先生ご自身が、20年越しの執念が実ったという『ベルリン』三部作をめぐるまさに熱弁が展開されました。ベルリンの地図を広げられたボードを指し示しながらの講演はパソコンからのプロジェクターになれている自分にとっては、かえって集中が増すようでした。アッカー通り37番地が墓地であり、ベルリンの壁のすぐ近くであり、登場する主人公一家の家以外は街並みも生活も、歴史の事実も実在したというこの物語。その小説の世界と実際に酒寄先生が訪ねた墓地の特に印象に残ったとされる墓標に刻まれた家族の運命。この講演でも小説とベルリンでの歴史で起きた出来事が見事に交差され、とても感動深いお話でした。

最後の締めくくりとして酒寄先生はベルリンを「20世紀の縮図」と称しました。20世紀は戦争の歴史であり、第1次、第2次そしてベルリンの壁と東西冷戦、そして壁の崩壊という都市自体が数奇な運命をたどったことをまさにベルリンの生活者はヘレの一家のように生きてきたのではないでしょうか。

続きを読む

授業風景 |  2008/11/28

身体環境共生学科の大橋さつき先生が担当している共通教養科目「身体表現とパフォーマンス2」では、12月11、12、13日に発表会を開催します。授業で初めて出会う人もいるなかで、学生のパフォーマンスへの思いやぶつかり合いが、若さあふれるステージを展開します。
ぜひご覧ください。
たくさんのご来場、お待ちしています。

  身体表現とパフォーマンス2008 「feelink」-言葉でなく 形はなく-
   ●日 時 2007年 12月11日(木) 16:30~
           12月12日(金) 18:30~
           12月13日(土) 13:30~
           開場は開演の30分前です。

  ●会 場 和光大学パレストラ 1Fダンス演習室

  ●入場無料(予約優先)

  ●お問い合わせ seisaku-08@hotmail.co.jp

~昨年の公演2007「瞬」から~

続きを読む

イベント |  2008/11/18

11月15日(土)13:30~大学会議室ABCを会場に和光大学文学会の大会・総会が開催されました。 講演では祖父江昭二名誉教授により [小林多喜二の「大衆化」への志向-「蟹工船」は出発点ー]と総合文化学科の加藤三由紀教授の [中国大衆が選んだ現代文学]が行われました。 DSCF2387-1.jpg

DSCF2386-1.jpg

今年話題になった「蟹工船」にもふれらた祖父江名誉教授の講演の様子。



続きを読む

イベント |  2008/11/14

image/imagination ―映像表現の現在-国内外の旬な映像表現を紹介する―   芸術学科の小瀬村真美先生(専門は映像表現)の共通教養科目『映像探索』では、様々な映像をジャンルを問わず紹介する授業を行っています。

そのなかで、日本では珍しいビデオアーカイブを主宰され、現代美術としての映像を幅広く国内外で紹介されている長谷川仁美氏をお招きして、近年の興味深い映像作品を紹介していただきます。

続きを読む

教職員から |  2008/11/14

11月14日(金)昼休み(12:20~50)にJ301教室において、【教育GP】流域主義による地域貢献と環境教育の説明会が開催されました。
この取り組みは、平成20年度「質の高い大学教育推進プログラム」に選定された事業でこの後、2010年度まで教育GPとして取り組まれます。
詳しくは、次のページをご覧ください。
http://www.wako.ac.jp/what_new/2008/2008-0930-1518-5.html

DSCF2375-1.jpg
説明する事業推進責任者の堂前雅史現代人間学部教授

続きを読む

教職員から |  2008/11/14

11月12日(水)町田市のホテルザエルシーにおいて、町田市と近隣の大学の総長・学長と町田市で構成する町田市学長懇談会が開催されました。

DSCF2358-1.jpg
懇談会出席の石坂町田市長(前列中央)他メンバー。後列右から3人目が白石学長。

懇談会では町田市制50周年記念事業への各大学の取り組み状況も報告されました。 和光大学は市制50周年事業に「町田市ゆかりの美術家名鑑」の作成に取り組んでいます。

白石学長は、挨拶の中で大学の理念・特色を語った上で 「すでに図書館において協定を結び協力関係が結ばれていますし、鶴川駅前では市民講座をぱいでいあホールを使い実施してきた実績がある。ことに市民だけでなく学生も講座に参加できる仕組みなどもあり、地域に開かれた大学として活動してきた。この実績を予定されている鶴川駅前の市の施設(ホールや図書館など)に運営に大いに役立てて協力したい」 と話されました。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124
最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ