教職員から |  2020/10/15

芸術学科の大坪晶先生の個展「Grayscale 」が大阪で10月10日(土)より開催されています。

皆さま、ぜひ足をお運びください!




Grayscale
 


◇日 時 :  2020年10月10日(土)10月31日(土)13:0019:00 水曜日から土曜日 
        ※その他の日月火曜日はアポイントメント制 

◇会 場 :  BLOOM GALLERY
          〒532-0025 大阪府大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野B103
          Tel:06-6829-6937

作品群は、収集した写真を、デジタル化しグレースケールに変換した上でコラージュしたものである。日本の、そして世界の歴史記録をグレースケールに均一化し、意訳、誤訳し、概念化の少し手前の状態で旋回し続けることで、見知らぬ歴史を身体化しようと試みている。
 
グレースケールについて
銀塩写真の多くは白黒写真、もしくはモノクロームと呼称されてきた。それに対して、近年デジタルイメージング処理で用いられる名称として「グレースケール」がある。グレースケールは、映像の明暗を8ビットや16ビットの単位に変換してグレーの階調としてモニター上に表示する。また、多くの白黒写真がグレーの階調で表わされている意味で、グレースケールは白黒写真をより技術的に正確に表した言葉であると言える。また、モノクロームという用語は、中世ラテン語のmonochrōmaからきており、単一の色で表された図像や写真を表す言葉であり、白黒、セピア、グレースケールなどを包括する言葉である。
近年、多くのメディア(媒体)で使用されるのはカラー映像であるが、色は時に私たちの認知を惑わすことがある。例えば、Webページ、印刷物が色彩があることによりオブジェクトの光の強弱が正しく認知できないことがある。そのため、一旦グレースケールに変換して明暗差を確認することで、色覚多様性に配慮した配色を検討したりする。また、カラー情報を画像処理ソフトで破棄することで、容易にグレースケールに変換することが可能である。デジタル処理による撮像への介入は、写真の物質性の喪失や図像の均質化というネガティブな側面が指摘されることがあるが、写真の特性の一つであるどこにでもへばり付き、時代に同質化してゆくアメーバ的特性がより強調されたということもできる。
大坪晶

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ