教職員から |  2020/10/08

心理教育学科・菅野ゼミ(児童心理学演習)がフリースクールの小中学生とオンライン交流を行いました。

菅野ゼミは、2018年からフリースクールとの親睦を深めていて、今年はZoomでオンライン交流会を行いました。
コロナ禍で交流が危ぶまれましたが、「オンラインならではの交流ができないか」とゼミ生が主体となって企画しました。

当日は小学生11人、中学生12人が参加し、16人のゼミ生が子どもたちをサポートしながら、座りながら踊れるダンスタイムや、グループにわかれてホワイトボード機能を画面共有しながら行う「何を描いているのでしょうか?ゲーム」などで盛り上がりました。

子どもたちからは、「もっとやりたかった!」「はじめは緊張したけど楽しかった!」などのフィードバックが寄せられました。

ゼミ生の声として、子どもたちがマスクをしていたため表情が読み取りにくかったり、画面に映りたがらない子どももいたことで難しい対応を迫られたようです。
ですが、徐々に子どもたちが心を開いてくれる様子がわかり、ほっとしていました。



↑ダンスタイムの様子


↑何を描いているのでしょうか?ゲームの一場面


↑子どもたちからの感謝状


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ