学生たちの活躍 |  2020/08/11

7月30日(木)に開催された「香山園リニューアルプラン構築プロジェクト成果発表会」において、経営学科の小林猛久先生ほか複数教員が担当する共通教養科目「タウンマネジメントA」を履修している学生たちが成果発表を行いました。

学生から報告が届きましたので、ご紹介します。



香山園リニューアルプラン構築プロジェクト成果発表会の報告
 2020年7月30日(木)に私たち共通教養科目「タウンマネジメントA」(指導教員:小林猛久、他)は、5月より授業内で進めてきた町田市が所有する都市公園「香山園」のリニューアルプラン構築プロジェクトに関する発表を町田市役所で行いました。
 今年はコロナウイルスの影響もあり大学の授業は全てオンラインになりましたが、発表会当日は三密を避け、成果発表を行う事ができました。
 私たちは5月より町田市役所公園緑地課の方々のご厚意によって、香山園リニューアルプラン構築プロジェクトに授業の一環として参加させていただきました。特に、2年生にとっては初の活動で、4年生や小林猛久先生また、以前より地域デザインの授業で連携していただいている株式会社カルナエスト 代表取締役 山田貢様のアドバイスを頂きながら3チームに分かれて活動を行いました。
 当日、私たちゼミ生は緊張しながらも町田市役所役員の方々に私たちの考える香山園リニューアルプランの発表を行う事ができました。
 今回の学習を通してプラン作成に関する成功や失敗を経験しましたが、町田市公園緑地課の皆様から私たちのプランについて、「具体的かつユニークであり、再開発に際して大変参考になった」とご批評を頂き、私たちの今後の活動の良いスタートを切ることができたことにホッとしました。この経験を、後期の活動にも生かしていきたいと思います。


▲学生の発表の様子


竹下稜(19b), 高橋優斗(19b)

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ