教職員から |  2020/07/24

2020年7月23日(木)の朝日新聞 朝刊「耕論『水泳授業は不要不急か』」に、人間科学科・制野俊弘先生のコメントが掲載されました。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響のため多くの小中学校で水泳の授業が中止になっています。
制野先生は、水泳授業の目的は泳力向上だけでなく多岐にわたっていることに触れ、中学校の教員として東日本大震災を経験した立場からも問題提起しています。

皆さま是非ご覧ください。


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ