教職員から |  2020/05/11

心理教育学科の菅野恵先生が日本教育新聞の取材を受け、新型コロナウイルス感染症の影響で休業が続く学校や子どもの心理についてお話ししました。

「特別企画 コロナ問題 続く学校休業、どう立ち向かう」と題して日本教育新聞(2020年5月4日・11日発行) に記事が掲載されています。

児童虐待などのハイリスクな家庭の状況把握や学校再開後の「こころの健康チェック」の導入を提案しています。

【日本教育新聞WEBサイト】
<特別企画 コロナ問題>続く学校休業、どう立ち向かう

菅野先生の個人ブログにも関連記事が書かれていますので、あわせてお読みください。
「新型コロナウイルス感染症に伴う休校措置による子ども・保護者の心理と8つのリスク」


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ