教職員から |  2019/03/01

2019年2月20日(水)に東京大学駒場キャンパスで行われた、日本国際協力センター(JICE)主催「日ASEAN学生会議」で、経済学科の加藤巌先生が講師をつとめました。

「日ASEAN学生会議」は、日本政府の推進する対日理解促進交流プログラムJENESYS2018の一環として実施されるものです。ASEAN加盟10か国(ブルネイ,カンボジア,インドネシア,ラオス,マレーシア,ミャンマー,フィリピン,シンガポール,タイ,ベトナム)と東ティモールから12名ずつ各国代表学生を集め、日本人学生をまじえて「持続可能な世界を実現するためにアジア諸国の青年ができること」を共通のテーマに、6つのグループに分かれてプログラムが行われます。

加藤先生は、雇用・保険・都市の分科会で東南アジアの学生たちに日本の高齢化を紹介しました。



最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ