教職員から |  2018/08/21

第100回 全国高等学校野球選手権記念大会が開催されています。
独特な歌い方と東北初優勝が注目される、金足農業高校と校歌。
実は、その校歌は和光大学と縁があるのです。

校歌を作詞した、近藤忠義氏は昭和期の国文学者で、和光大学名誉教授です。
1966年から1976年まで本学で教鞭をとっていました。
在職期間中は、文学科(当時)の学科長も勤められました。

本日8月21日は決勝戦。

みなさま、ぜひ高校球児の頑張るすがたをご覧いただければと思います。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ