教職員から |  2018/07/30

長尾研究室(総合文化学科)と畑中研究室(芸術学科)が中心となって作成した市民向けの散策ガイド『カルスポ探検へようこそ――和光大学生とめぐって愉しむ文化・場所・歴史』を配布しています。

カルチャー・スポット、略して“カルスポ”は個性や魅力をもつ場所、文化的な活動が行われている場所をさします。
文化施設や史跡はもちろんのこと、図書館、公園、民間のイベントスペースやライブハウス、カフェ、個性的な街区や通りなど、多種多様な「文化にふれる場所」「文化をうみだす場所」「余暇を楽しむ場所」を想定しています。
見慣れた場所も、いつもとは違う視点で眺めてみると、それまで気づくかなかった魅力を発見することがあります。これも立派なカルスポです。

カルスポ探検とは、カルスポをめぐって、見つけて、愉しむ活動です。
ぜひ、この冊子を片手にお出かけ下さい。
学生たちと一緒にカルスポをめぐっている気分になるでしょう。

★おもな配布場所:和光大学A棟1階ラウンジ、和光大学ポプリホール鶴川




『カルスポ探検へようこそ――和光大学生とめぐって愉しむ文化・場所・歴史』




【目次】
カルスポ探検とは/この冊子について

知ってるようで知らない町田探検ツアー
春を探して――町田駅前文学散歩
小田急線開通から現在までの向ヶ丘遊園周辺の変化をたどる
+向ヶ丘遊園駅周辺MAP
原宿・渋谷のトレンドと歴史が混在する魅力
 +原宿・渋谷周辺MAP
横須賀に幕末以降の歴史の痕跡をさがす
 +横須賀周辺MAP

〈講義録〉
マチサガへのこだわりをカタチにする(株式会社キープ・ウィルダイニング 保志真人氏)
文化の場所を創る(旧白洲邸武相荘 牧山圭男氏)




★本冊子は地域連携研究センター・2017年度社会連携研究プロジェクト「地域社会における文化資源と若者・市民の創発力の融合にむけた実践的研究」(研究代表者:長尾洋子)の成果報告を兼ねています。

★本冊子、活動にご関心のある方は長尾研究室にご連絡ください。
(連絡先:ynagao*wako.ac.jp、*を@に変えて送信して下さい。)



最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ