教職員から |  2018/04/07

2018年4月13日(金)に、総合文化学科の上野俊哉先生ががドゥルーズ・ガタリ研究「公開セミナー」に参加します。

ご関心のある方は是非お越しください。



ドゥルーズ・ガタリ研究 à Tokyo
「公開セミナー」(テーマ:管理社会、技術、従順)
Control societies, technology, docility

◆日程:2018年4月13日(金)

◆時間:18:00〜21:00(17:30受付開始)

◆会場:帝京大学 霞ヶ関キャンパス http://www.teikyo-u.ac.jp/access/kasumigaseki.html
 Teikyo University Kasumigaseki Campus
 〒102-0093 東京都千代田区平河町2−16−1 平河町森タワー9階
 Hirakawachō Mori Tower 9th floor
 2-16-1 Hirakawachō, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0093 

◆交通アクセス
 ●東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 「永田町駅」より徒歩約1分(4番出口)
 One minutes' walk from Exit 4 of Nagatacho station on the Tokyo Metro Yurakucho, Hanzomon and Nanboku lines

 ●東京メトロ銀座線、丸ノ内線 「赤坂見附駅」より徒歩約6分(7番出口)
 Six minutes' walk from Exit 7 of Akasaka-mitsuke station on the Tokyo Metro Ginza and Marunouchi lines

◆招聴
 Anne Sauvagnargues教授(Université Paris Nanterre)   
 Gregory Flaxman准教授(University of North Carolina, Chapel Hill)
 上野俊哉教授 Toshiya Ueno(和光大学 Wako University)
 國分功一郎教授 Kokubun Koichiro (東京工業大学 Tokyo Institute for Technology)
 Joff P.N. Bradley准教授(帝京大学)


◆司会 Joff P.N. Bradley(帝京大学)

◆お問い合わせ: joff@main.teikyo-u.ac.jp 

◆参加費: 無料 

The workshop shall be in English.  ワークショップは英語で行われます

≪ワークショップの概要≫ 

このワークショップでは、超管理社会における新たな技術開発に照らして、ドゥルーズの管理社会論文のメリットとデメリットについて検討する。グローバル現代社会におけるコミュニケーション、従順、また管理社会の危機を分析するため、1990年にドゥルーズの論文「追伸管理社会について」が出版されたが、その結論を現在に再応用するかどうか検討する。例えば、若者は、村上龍が言うように、これまでに生きてきた人々の中で最も従順で不幸かどうか。 ドゥルーズ、ガタリ、ベルナール・スティグレールおよびその他の哲学者の観点から、制御し得ない社会や超管理社会の現実を検証する。この提案は、ドゥルーズの管理社会論文を捨て去るのではなく、制御し得ない社会がどのように制御の分岐であるかを理解することである。このワークショップは、技術の四つのエコロジーに関するガタリの思考とスティグレールの精神のエコロジーを考察する。ガタリの分裂分析が管理社会の概念を拡張し、再定義するために応用できるかどうかを思い巡らす。

Outline of the workshop
This workshop will examine the strengths and weaknesses of Deleuze's control societies thesis in the wake of new technological developments in hyper-control societies. We will ask how to build on Deleuze's ideas now made nearly 30 years ago so as to examine the crisis of communication, docility and control in contemporary societies across the planet. This is to ask if it is right to say that today's youth are the most docile and unhappy that has ever lived (writer Murakami Ryu's position). From the standpoint of Bernard Stiegler and other thinkers, we shall address the reality of uncontrollable and hyper-control societies. The purpose is not to reject the thesis of control societies but to consider how uncontrollable societies can be read as an excrescent outcome of control. We shall look to the ecosophy of Guattari, Stiegler's ecology of spirit to consider the possibility of a fourth ecology of technology. This is to ruminate on if Guattari's schizoanalysis might be used to extend and redefine the notion of control societies.

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ